FC2ブログ

ブラック・クランズマン(2018)D~70年代のアメリカ・で初の市警察巡査となった黒人

ブラック・クランズマン(2018)D

★数行で映画紹介しなければ

1970年代のアメリカ・コロラド州で初の市警察巡査となった黒人ロン。

白人至上主義団体クー・クラックス・クランのテロを防ぐ実話。

★ショウトしょうとSHORT

黒人初の米国もの。10作以上ありますね。

★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
原題
BlacKkKlansman
Cannes 2018 14.jpg
第71回カンヌ国際映画祭に出席する監督・主要キャスト
監督 スパイク・リー
脚本 スパイク・リー
デヴィッド・ラビノウィッツ
ケヴィン・ウィルモット
チャーリー・ワクテル
原作 ロン・ストールワース『ブラック・クランズマン』
製作 スパイク・リー
ジョーダン・ピール
ショーン・レディック
ショーン・マッキトリック
レイモンド・マンスフィールド
出演者 ジョン・デヴィッド・ワシントン
アダム・ドライバー
ローラ・ハリアー
トファー・グレイス
音楽 テレンス・ブランチャード
撮影 チェイス・アーヴィン
編集 バリー・アレクサンダー・ブラウン
製作会社 レジェンダリー・エンターテインメント
パーフェクト・ワールド・ピクチャーズ
ブラムハウス・プロダクションズ
モンキーパー・プロダクションズ
QCエンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗 パルコ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年8月10日
日本の旗 2019年3月22日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗

★概要ネタバレ

1972年、ロン・ストールワースはコロラド州コロラド・スプリングズの警察署で

黒人初の市警察巡査となったロンとして初めて警察官に採用される。

警察署内でも人種差別を経験しながら、

ロンは見習い潜入捜査官として元ブラック・パンサー党のクワメ・トゥーレの演説会に派遣され、

地元の黒人解放活動家パトリスと親交を深める。

情報部に正式配属されたロンは白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(KKK)の新聞広告に電話をかけ、

白人のレイシストを装ってKKK支部に電話入会する。

同僚のユダヤ系警官フリップ・ジマーマンが潜入担当、

ロンは電話連絡担当として、二人一役でKKK志願者を演じる。

黒人宅の爆弾テロを防ぐ。

事件の後、ロンたち捜査班は署長から慰労とともに潜入捜査は完了する。


THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line