FC2ブログ

サンセット(2018)E~ハンガリーの意味不明作品

サンセット(2018)E

★数行で映画紹介しなければ

1913年、繁栄を極めたオーストリア=ハンガリー帝国を舞台に、

兄を探す妹。

★ショウトしょうとSHORT

兄を探す話のようですが、意味不明です。

★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報

ネメシュ・ラースロー監督

出演
ジュリヤカブ
ヴラドイワノフ

2018年製作/142分/G/ハンガリー・フランス合作

原題:Napszallta

配給:ファインフィルムズ

144分

公開
2018年9月2日(ヴェネツィア)
2018年9月27日(ハンガリー)

★概要ネタバレ

1913年、オーストリア=ハンガリー帝国が栄華を極めた時代。

新興都市ブダペストは、今やウィーンと繁栄を競っていた。

レイター・イリスは、ブダペストのレイター帽子店で働くことを夢見てやってきた。

イリスが2歳の時に亡くなった両親が遺した高級帽子店でした。

両親が店を経営していたが、店が火事になって、両親はなくなり、

イリスは2歳の時に、孤児の斡旋屋に引き取られ、トリエステという町で帽子屋の修行をしていた。

店で働くことはかなわず、会うもの全員がイリスに「立ち去れ」と言うだけ。

兄がいることを知り、探すが、話は意味不明の迷宮に。

帽子店は暴漢に襲われて主人らは殺される。

最後は第一次世界大戦だろう、看護婦になったイリスがいた。

なんですか? この話?

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line