FC2ブログ

本日休診(1952)A~井伏鱒二の無料病院泣き笑い

本日休診(1952)A

★数行で映画紹介しなければ

戦後まもない貧しい日本に診療代は出世払いの

太っ腹病院は年中暇なし

★ショウトしょうとSHORT

テンポよく展開

井伏鱒二の筆運びなんでしょうか? 傑作です。

「診察料はいつでも都合のいいときでいいから」

年中多忙な医者の話

出演俳優は有名になった大物ばかり

佐田啓二
鶴田浩二
淡島千景
三國連太郎
岸恵子

★概要ネタバレは基本情報のあとに

========

★基本情報
監督 渋谷実
脚本 斎藤良輔
原作 井伏鱒二
製作 山本武
出演者
柳永二郎
佐田啓二
鶴田浩二
淡島千景
三國連太郎
岸恵子

音楽 吉沢博
奥村一
撮影 長岡博之
編集 杉原よ志
製作会社 松竹
公開 日本の旗 1952年2月29日
上映時間 97分


★概要ネタバレ

戦争で、きちがいになった三國連太郎が最初と最後の見せ場を作る。

三雲医師(柳永二郎)は、

戦後に甥を院長に迎えて病院を再興。

一周年記念日を休診にして、若院長は看護婦達(岸恵子)と熱海へ、

三雲医師はのんびりするはずだったが、

本日休診の札がかかっているにも

かかわらず次から次へと患者がやってくる。

診療代は出世払いだから、当然やってくる。

やってくる主な患者

レイプされた若い女性。

盲腸で入院するが病院を逃亡。

20年前の治療費を払いに来た女性。
息子は佐田啓二。

指をつめしてほしいと頼みに来たヤクザ鶴田浩二。

お腹で死産した淡島千景

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line