FC2ブログ

僕たちのラストステージ(2018)C~実話お笑いコンビの落日

僕たちのラストステージ(2018)C

★数行で映画紹介しなければ

ハリウッドのサイレントからトーキーの時代にかけて

人気を博したお笑いコンビ「ローレル&ハーディ」の晩年

★ショウトしょうとSHORT

人気で舞い上がったコンビは喜劇映画の大製作者ハル・ローチから独立するが

人気はがた落ち。

落ちぶれて生活もままならぬ状況で、なんとか最後のチャンスにかける。

思いあがらないことですね。謙虚に俯瞰で物事をみるのが大事。

★仕入れた情報
二人は
1967年のビートルズのアルバム
「サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のジャケットに登場した。

========

★基本情報
原題
Stan & Ollie
監督 ジョン・S・ベアード
脚本 ジェフ・ポープ(英語版)
製作 フェイ・ウォード
製作総指揮 ケイト・ファスロ
ジョー・オッペンハイマー
ザヴィエル・マーチャンド
クリスティン・ランガン
エウヘニオ・ペレス
出演者 スティーヴ・クーガン
ジョン・C・ライリー
シャーリー・ヘンダーソン
ダニー・ヒューストン
音楽 ロルフ・ケント
撮影 ローリー・ローズ(英語版)
編集 ウナ・ニ・ドンガイル
ビリー・スネドン
製作会社 エンターテインメント・ワン(英語版)
BBCフィルムズ
ソネスタ・フィルムズ
フェイブル・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
イギリスの旗 エンターテインメント・ワン
日本の旗 HIGH BROW CINEMA
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年12月28日
イギリスの旗 2019年1月11日
日本の旗 2019年4月19日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
カナダの旗



★概要ネタバレ
ローレルとハーディー両人とも、喜劇映画の大製作者ハル・ローチの下でコメディアンとして働いていた。

1921年、『The Lucky Dog』でコンビを組むこととなり、1927年に『Slipping Wives』で人気を得たことから、

正式にコンビを組んで活躍。

笑いのスタイルとしては、ささいなことから争いが始まり、お互いにぶっ壊しっこをして、

最後にはすべてが滅茶苦茶になるというのが基本のパターンだった。

トーキーの時代に入っても、人気が衰えることはなかったが、

1940年にローレルとハル・ローチの間に軋轢が生じたことから、

二人してローチの下を離れてからは、

映画製作の際、制約が多く、全盛時代に比べると精彩さは失われた。


1953年、ローレル&ハーディはイギリスでライブツアーを行うことになった

ツアーは復活を賭けた最後の大勝負であった。

2人は経済的にも苦しい状態にあったが、芸の腕前は一切衰えておらず、ツアーは大成功のうちに終わった。

かつての人気を取り戻せるかに見えた矢先、オリヴァーに心臓の病魔が襲いかかりコンビは引退。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line