FC2ブログ

一枚のハガキ(2011)D~戦争末期に中年兵士が召集された泣き笑い

一枚のハガキ(2011)D

★数行で映画紹介しなければ

戦争末期に100名の中年兵士が召集された泣き笑い

★ショウトしょうとSHORT

大竹さんの演技が不自然すぎる。

========

★基本情報
監督 新藤兼人[1]
脚本 新藤兼人
原作 新藤兼人
製作 新藤次郎[2]
渡辺利三
宮永大輔
出演者 豊川悦司
大竹しのぶ[3]
音楽 林光
撮影 林雅彦
製作会社 近代映画協会
配給 東京テアトル
公開 日本の旗 2011年8月6日
上映時間 114分


★概要ネタバレ

戦争末期に100名の中年兵士が召集された。

松山啓太ら兵士100名たちは上官のくじ引きで赴任先が決まる。

くじ引きが行われた夜、フィリピンに赴任が決まり、生きて帰って来られないと悟った森川定造は、

ハガキを読んだことを妻に伝えて欲しいと、妻・友子から送られた1枚のハガキを啓太に託す。

終戦後、100人中6人の兵士が生き残り、その一人の啓太は1枚のハガキを元に友子の家を尋ねる。

何故夫が死に、啓太が生きているのか。

一度は遣る瀬無い怒りを啓太にぶつけてしまった友子だが、啓太の気持ちも理解し謝罪をした。

二人は定造の思い出話を交わしているうちに、少しずつ距離が縮まっていく。

戦争によって一人になってしまった二人の男女は、共に生活をはじめる。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line