FC2ブログ

アイスエイジ(2002)C~アニメ、動物らの珍道中


アイスエイジ(2002)C


★数行で映画紹介しなければ

アニメです。

氷河期が来て、南へ大移動するマンモスとナマケモノの珍道中。、

★ショウトしょうとSHORT

4度笑ったが、生物学的にありえない話し

「バックスバーニー」系の続編的


★監督 クリス・ウェッジ
1982年にMAGI/SynthaVisionで働き、『トロン』に参加。

1998年、監督・脚本を務めた短編アニメ映画『Bunny』によりアカデミー短編アニメ賞を受賞。

2002年にブルースカイ・スタジオの『アイス・エイジ』で長編監督デビュー
同作はアカデミー長編アニメ映画賞にノミネートされた。
『アイス・エイジ』はシリーズ化。

========

★基本情報
原題
Ice Age

監督 クリス・ウェッジ
共同監督
カルロス・サルダーニャ
脚本 マイケル・J・ウィルソン
ピーター・アッカーマン
マイケル・バーグ
原案 マイケル・J・ウィルソン
製作 ロリ・フォート
製作総指揮 クリストファー・メレダンドリ
音楽 デヴィッド・ニューマン
編集 ジョン・カーナカン
製作会社 20世紀フォックス・アニメーション
ブルースカイ・スタジオ
配給 20世紀フォックス
公開
アメリカ合衆国の旗 2002年3月15日
日本の旗 2002年8月3日
上映時間 81分
製作国 アメリカ合衆国の旗



★概要ネタバレ

氷河期を前に動物たちが南へ大移動する中、なぜかマンモス君だけは一匹北へ向かっていた。

時を同じくして、家族に置いていかれたナマケモノ君は、

マンモスと一緒にいれば襲われることはないだろうと、ついていく。

2匹は村へ戻る人間の隊列に追いつき、赤ん坊の父親の前に立つ。

危機を察した人間達がマンモス君に襲いかかろうとするが、赤ん坊を差し出すと、

子供との再会に喜ぶ父親は返礼として装飾品をマンモス君の牙にかけてやった。

目的を果たし、ようやく南へ行く決心が付いた二匹だが、

父親に抱かれ離れて行く赤ん坊の視線の先には、トラがこちらへ向かって歩いてくる姿があった。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line