FC2ブログ

劒岳 点の記(2009)A~日本で最後に残った未踏の山

劒岳 点の記(2009)A


★数行で映画紹介しなければ

明治時代末期に日本地図を完成させるために、

陸軍陸地測量部が前人未到の劒岳に挑む。

新田次郎の同名小説を原作。

★本作で辛口言いたい放題 ショウトしょうとSHORT

名誉や利益を求めず、結果を急がず、誇りと勇気・信念を持って

任務を全うしようとする使命感の強い寡黙な測量官。

========

★基本情報
監督 木村大作
脚本 木村大作
菊池淳夫
宮村敏正
製作総指揮 生田篤
出演者
浅野忠信
香川照之
松田龍平
仲村トオル
宮崎あおい
井川比佐志
夏八木勲
役所広司
音楽 池辺晋一郎
撮影 木村大作
編集 板垣恵一
製作会社 「劒岳 点の記」製作委員会
東映
フジテレビジョン
住友商事
朝日新聞社
北日本新聞
配給 東映
公開 日本の旗 2009年6月20日
上映時間 139分


★概要ネタバレ

陸軍は詳細な日本地図の完成が急務と判断。

最後の空白地点「越中劒岳(以下「剣岳」表記)」に初登頂し、

「三等三角網を完成させ、日本地図を完成せよ」

前人未踏の剣岳の初登頂に陸軍測量隊と日本山岳会が登頂を競う。



明治40年7月13日、測量隊は無謀と言われた絶壁コースから劔岳の頂上に到達。

懐石ではなく、木の棒に「景 第二十七號 四等三角點」と記して27番目の三角点を建てた。

長次郎は岩の間に、修験者が持つ錫杖を見つけた。

測量隊よりも先に登頂した者がいた証明。

柴崎は正直に初登頂ではなかった旨を上層部へ伝えた。

軍は第一ではないというだけで、功績を一切認めず、否定的評価を下した。

測量隊と山岳会の競争を煽っていた記者は、「初登頂ではなかった測量隊」と報道した。

錫杖は1000年以上も前のものだとわかった。


8月3日山岳会も別コースで登頂を果たす。

柴崎と小島は山の対面で互いを見つけた。

小島は「剣岳、初登頂おめでとうございます。

この歴史的登頂は、日本登山史に後世まで語り継がれるでしょう。

生田信、木山竹吉、宮本金作、岩本鶴次郎、宇治長次郎、柴崎芳太郎。

剣岳を開山したのは、あなた方です。

ただ地図を作るためだけに、自らの仕事を成し遂げられたことを、心より尊敬します」と手旗信号で栄光を称えた。

生田も毛嫌いしていたはずの山岳会のメンバーに向かって、

「剣岳、登頂成功おめでとうございます。小島烏水と山岳会のみなさんの栄誉を讃えます。

あなたたちは、私たちのかけがえのない仲間です」と送り返した。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line