FC2ブログ

天然コケッコー(2007)C~夏帆、岡田将生、中学生の恋愛

天然コケッコー(2007)C


★数行で映画紹介しなければ

中学生の恋愛、女性は転校生と初恋に。

★本作で辛口言いたい放題 ショウトしょうとSHORT

キスって握手と同じ、

あたりまえだが、ドキッとさせるセリフでした。


★仕入れた情報

作者の母方が出身である島根県浜田市周辺が舞台のモデルであり、

登場人物たちも当地の方言である石見弁を話す。
========

★基本情報
監督 山下敦弘
脚本 渡辺あや
出演者
夏帆
岡田将生
柳英里沙
藤村聖子
夏川結衣
佐藤浩市
音楽 Rei harakami
主題歌 くるり
「言葉はさんかく こころは四角」
撮影 近藤龍人
編集 宮島竜治
製作会社 「天然コケッコー」製作委員会
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗 2007年7月28日
大韓民国の旗 2008年7月24日
上映時間 121分

★概要ネタバレ

そよと広海は中学3年生となり、進学のための学校見学を行なった。

そよは広海と同じ高校に入りたいと思っていたが、

目当ての高校を見た広海は男子生徒が坊主で登校しているのを見て気乗りしない。

東京の高校を受験するかもしれないという広海の言葉に、そよ切なくなってしう。

そよは広海の制服のボタンが曲がっていることに気がつき、針と糸を使って直す。

ボタンが取れたら制服を東京から送るから、直して送り返してほしいという広海。

そよは代わりに、また線路で転んだときには東京から飛んできてくれるかと聞き返し、

広海は「うん」と答えた。

「高校までの道のりを広海と一緒に歩きたかった」というそよの言葉に、

広海は同じ高校を受ける決心を固め、2人は受験に臨む。

そよと広海は合格祝いに、誰もいない教室で2人きりになり、キスをした。

お互いにぎこちないキスはいまいち上手くいきません。

何度か唇を交わすが、「愛がないよな」とあっさりと帰ろうとする広海。

そよは「最後にえらいものを見せてしもうた」と、名残惜しむように教室の黒板にキスをする。

「さいなら、また来るけぇ」と暗くなった教室をあとにし、高校生活が始まる。

新しい制服に身を包んだそよの姿と、頭を丸めた広海の姿があった。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line