FC2ブログ

西部開拓史~概要ですが最後までネタバレ編

西部開拓史~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

:第1話「The Rivers(河)」

1830年代末、アメリカ東部の農夫ゼブロン・プレスコット(カール・マルデン)は

妻レベッカ(アグネス・ムーアヘッド)、長女イブ(キャロル・ベイカー)、

次女リリー(デビー・レイノルズ)、2人の息子を連れて、イカダを組んでオハイオ川を下り、

肥沃な西部の地に開拓民として移住すべく旅に出ます。

旅の途中で一家は盗賊に襲われますが、

猟師ライナス・ローリングス(ジェームズ・スチュアート)に助けられた。

イブはライナスに一目惚れしますが、ライナスは1つの場所にとどまれないと断ります。

旅の途中でイカダが激流に呑み込まれ、ゼブロンとレベッカは死亡してしまいます。

ライナスは訃報を聞くとイブの共を訪れ、

両親の眠る地で農園を開こうとするイブと共に生きる決意をした。

一方のリリーは新しい町セントルイスに向かいます。


:第2話「The Plains(平原)」

第1話から約10年後の1850年代。

リリーはセントルイスのキャバレーで歌手になっていた。

祖父から金鉱を相続する手紙が来た。

キャバレーの常連のひとりであるギャンブラーのベイレン(グレゴリー・ペック)も金鉱を手に入れるため、

金脈を目指して幌馬車隊と共に西へ向かうリリーに近づく。

馬車隊は途中で先住民シャイアンに襲撃され、ベイレンは負傷してしまう。

二人は金脈に辿り着くが既に掘り尽くされており、

ベイレンはリリーと別れて、元のギャンブルの日々に戻ります。

数年後?

蒸気船のサロンの歌手になっていたリリスの声を聞いたベイレンは、

リリスと再会。

求婚する。

新たな街サンフランシスコへ向かう。


:第3話「The Civil War(南北戦争)」

1861年から1865年にかけてアメリカは二つに分かれ、南北戦争が勃発。

ライナスとイブは2人の息子に恵まれた。

ライナスは北軍の志願兵として戦場に赴きます。

長男ゼブ(ジョージ・ペパード)も母の反対を押し切って北軍に志願。

父ライナスの戦死を知り、戦場の悲惨さに絶望したゼブは、

南軍から脱走した兵士(ラス・タンブリン)と共に脱走しようとする。

途中でシャーマン将軍(ジョン・ウェイン)

とグラント将軍(ハリー・モーガン)を発見した脱走兵はグラント将軍を撃とうとし、

ゼブはとっさに脱走兵を殺害。

戦争が終わり、家に戻ったゼブは母イブの死を知る。

ゼブは農場を弟に譲り、自分は引き続き軍隊に留まる。


:第4話「The Railroad(鉄道)」

1868年、ゼブは騎兵隊の隊長として、ユニオン・パシフィック鉄道の大陸横断工事の護衛の任務に就きます。

建設所長のマイク(リチャード・ウィドマーク)は最短距離をとるため食糧供給路に敷設しようと考え、

ゼブの亡き父ライナスの友人だった野牛狩りのジェスロ(ヘンリー・フォンダ)やゼブは反発します。

ゼブは先回りして先住民と和解しますが、

マイクは資金確保のため開拓民や狩猟者らを送り込み先住民の食料を乱獲したため、

遂に先住民は怒って野牛の大群を放つ。

ゼブは騎兵隊を辞め、西に向けて旅立つ。

:第5話「The Outlaws(無法者)」

ベイレンと結婚したリリーは浪費で借金を重ねていた。

ベイレンの死後の1880年代終盤、リリーは借金返済のため家や家財の全てを売り、

唯一残ったアリゾナ州の土地への移住を決め、

保安官になった甥のゼブと妻のジュリー(キャロリン・ジョーンズ)に土地を任せた。

ゼブ夫婦はリリーと再会。

またやゼブは、かつて射殺した無法者の弟でゼブに恨みを持つギャングのギャント(イーライ・ウォラック)に出くわした。

ゼブは同僚のルー(リー・J・コッブ)からギャントとトラブルを起こすなと忠告されたが、

ギャント一味が列車強盗を目論んでいるとみたゼブはルーと共に列車に潜む。

ゼブたちは予測通り列車を襲撃してきたギャント一味と銃撃戦を繰り広げた。

ギャントらを始末したゼブは家族と共にリリーの土地に向けて旅立つ。

THE END


スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line