FC2ブログ

黄金狂時代(1925)A~喜劇映画の天才チャップリンの傑作

黄金狂時代(1925)A

★数行で映画紹介しなければ

喜劇映画の天才チャップリンの初長編もの。

★ショウトしょうとSHORT

傑作ですね。

コメディで最高。ハラハラさせるところも最高。

恋愛も意外なオチで。

チャップリンは天才ですね。

喜劇王と呼ばれたチャップリンの作品の中でも特に傑作と呼ばれている作品


以下のシーンは、約100年前制作映像でも新鮮。

空腹のあまりにチャップリンが靴をゆでて、
靴底の釘を鶏肉の骨のようにしゃぶり、
靴ひもをスパゲティのように食べるシーンや、

ロールパンにフォークを刺して足に見立てて、
ダンスを披露するシーン

小屋の崖でシーソーシーン


完全あらすじ


★仕入れた情報

チャップリンが1919年に創立したユナイテッド・アーティスツで製作・配給し、
チャップリンにとって前作『巴里の女性』に続く同社での作品となった。
========

★基本情報
原題The Gold Rush
監督 チャールズ・チャップリン
脚本 チャールズ・チャップリン
製作 チャールズ・チャップリン
出演者 チャールズ・チャップリン
ジョージア・ヘイル
音楽 チャールズ・チャップリン(サウンド版)
撮影 ローランド・トザロー
製作会社 ユナイテッド・アーティスツ
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1925年6月26日
日本の旗 1925年12月17日
上映時間 オリジナル・サイレント版/82~96分
1942年サウンド版/73分
製作国 アメリカ合衆国の旗
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line