FC2ブログ

此の虫十万弗~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

ニューヨークの劇場主ジェリー・フリンは

上演する劇がヒットしないで

借金が増えて、いよいよ一週間後に、劇場を引き渡すまでに追いこめられていた。

気晴らしに外に出る。

ピンキー・トムスンとファッソの2少年と出会う。

ピンキーはボール箱の中を覗けと言う。

ジェリーが覗いて見ると、その中には1匹の毛虫がいて、

ピンキーの吹くハーモニカの「イエス・サー・ザッツ・マイ・ベビー」の曲に合わせ、

尻尾で立ち上って踊っていた。

ジェリーはこの前代未聞の珍芸を見て、ピンキーを自分のホテルへ呼び寄せ、

新聞記者たちを招待して、踊る毛虫の実演を紹介しようとするが、

記者連中はそんな馬鹿なことがあるかと言って、誰も相手にせず帰ってしまう。

有名なラジオのアナウンサー、ガブリエル・ハッター氏の目にとまり、毛虫カーリーの話をラジオで放送した。

全米にセンセイションをまき起こした。

ジェリーの許へは玩具製造会社などから、カーリーの使用件を譲ってくれと申し込みが殺到する。

ウオルト・ディズニーからも2万5000ドルでカーリーの映画化を申し込んで来る。

ジェリーはピンキーをパートナーにして、絶対にカーリーを売らぬと約束したが、

目前に迫っている10万ドルの必要に抗しかねて、10万ドルならカーリーを売るとディズニーの代表者に告げた。

ピンキーの姉のジェニーは、ピンキーが世間から大騷ぎをされるのを好まず、ジェリーの手からピンキーを連れ戻す。

ピンキーは家を抜け出してジェリーのホテルへ戻って来る。

ジェリーはピンキーを自分の許に置くようジェニーを説得する。

2人の科学者がカーリーを調べ、現代の奇蹟であると折紙をつけてから、カーリーの名声は圧倒的になり、

ディズニーは10万ドルを支払うと申出る。

ピンキーつきでディズニーと契約すればいいのに、脚本が粗くなる。

ピンキーはカーリーを手離すことを欲せず、カーリーを抱えて自宅へ逃げ帰る。

ジェリーはピンキーにカーリーを渡せと迫り、

ピンキーが拒絶すると興奮の余りピンキーの横顔を殴りつけた。

冷静になったジェリーは、

ピンキーがカーリーを差し出した時、受け取らずに出て行ってしまう。

ピンキーはカーリーの箱に穴が明いて、カーリーの姿が見えなくなったので大騷ぎを始め、

全市にわたってカーリー捜査が行われたがカーリーは発見されなかった。

ジェリーははピアノの前に座って、カーリーの好きな曲を弾き出した。

ピアノの中から1匹の蝶が舞い出して来た。

カーリーは毛虫から蝶になったのだ。

蝶は音楽に合わせて室内を飛び廻る。

窓を明けてやると、空高く、舞い上って行った。

THE END

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line