FC2ブログ

ニューヨーク東8番街の奇跡~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

ニューヨークの東8番街では再開発が進んでいた。

とある古いアパートの住人達は地上げ屋のカルロス達から、

金を餌に立ち退きを脅されていた。

アパートで食堂を経営しているフランクは、妻のフェイが認知症だった。

住人ハリーは元チャンピオンだが、自暴自棄な生活をしていた。

カルロスによって食堂の中は壊された。

警察は見て見ぬふり。

**

フランクは絶望して、「助けて」と、つぶやいた。

数日後、二体の小さなUFOがアパートにやってきた。

一体が電気切れで、コンセントから電気を充電。

金属類の食器などをコソコソと屋上の元鳩小屋に集めだした。

フェイが最初にUFOの存在に気づきます。

住人達は壊されていた物が直っていて不思議に思っていた。

UFOはなんでも修理できるのだ。

ハリーは元気になっていき、フェイも病気が和らいで行きます。

カルロスは壊した店などが元通りになっていて、びっくりする。

住人達はUFO達を歓迎。

カルロスが脅しにやってきたが、鍋が飛んでいたりとUFOを幽霊と勘違い。

小屋に捕まえに行くと、電撃をくらわされて逃げ出す。

2体のUFOは子作りを始めます。

電気が必要と感じた住人達はコンセントや電球を使って、

屋上まで電気を供給してあげます。

カルロスはアパートを見張り始める。

UFOの子供達が生まれます。

2体は元気でしたが、1体は動かない。

フェイが動かないUFOの子供のお葬式をあげます。

諦めきれないハリーは、動かないUFOの子供を直そうとします。

配線をいじっても駄目で、ひょんな事から洗剤の入った水の中に入ってしまう。

UFOの子供は生き返ってしまう。

**

フランクの店が営業し始めて、解体作業員達が続々とやってきます。

UFO達がキッチンを手伝ってくれた。

カルロスは再開発者レイシーに弁解しに行きますが、聞き入れてもらえない。

時間の無いレイシーは次の手を考えます。

親UFOは子供UFOを階段の上から突き落として、飛べるようになる訓練をさせます。

追いつめられたカルロスはアパートの地下に忍び込み、

水道管と電気系統を破壊します。

親UFOが地下へ様子を見に行くと、

カルロスは親UFOの1体を破壊してしまう。

ハリーがボクシンググローブをつけて、

カルロスはハリーにぶっ飛ばされる。

親UFOはもう1体を修理します。

電気を供給するために、住人達は外出。

電気がたっぷりある店の看板を発見。

ハリーがマイクを使って笛を吹きます。

UFOの子供達がやってきて充電。

修理が完了して親UFO達もやってきた。

**

レイシーに依頼された男が、アパートに火事を起こすセットを行う。

カルロスはガス漏れを起こし、

爆発が起こってアパートが激しく燃える。

外出から戻った住人らは、途方に暮れる。

アパートは全焼して、ハリーはアパートの前に座り続けた。

解体屋達はハリーがいなくなるまで平地作業はしないと言った。

ハリーに救われた子供UFOは、1体で、アパートの修復を行っている。

UFO達が大勢の仲間を連れてやってきた。

翌日、アパートは綺麗に直ってしまう。

住人達が喜んでアパートに帰る。

レイシーはアパートを残したままに、再開発。

大きなビルが建った中で、フランク達のアパートが真ん中にある映像が映し出されてエンディング。

THE END

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line