FC2ブログ

人情紙風船~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

江戸時代。

長屋に住む浪人・海野又十郎は

亡き父の伝手を頼りに士官の口を求めている。

頼みとするのは、大名屋敷の藩士・毛利三左衛門である。

又十郎の父・又兵衛は、三左衛門のかつての恩人であった。

話せば分かってもらえるはずだ。

又十郎は、そう固く信じ、妻のおたきにも語った。

おたきには、夫の世間知らずが歯がゆかった。

世間はそんなに甘くない。

おたきは貧苦の中で世間を覚えた。

夫婦はいま、おたきの手内職で糊口をしのいでいた。

毛利三左衛門が志願を検討してもらっていると、見え見えの嘘をつく。

海野又十郎の妻・おたきが寝入りばなの夫を刺した。

前途を悲観したのだろう。自らの命も絶った夫婦心中だった。

**

又十郎の隣に住んでいたのは。

髪結いの新三(しんざ)だった。

独り身の新三はまだ若く、着流しの似合う遊び人だ。

界隈を仕切るやくざ・弥太五郎源七の目を盗んで賭場を開き、金銭を得ていた。

髪結いの新三は金に困っていた。

新三は、髪結いの道具一式を質屋「白子屋」へ持って行く。

店番は番頭の忠七は、「一銭にもならない」と言われた。

新三は「白子屋」の娘・お駒をさらう。

箱入り娘がさらわれた「白子屋」では上を下への大騒ぎである。

「白子屋」の御用もしていたやくざ・弥太五郎源七はお駒を返すように言ってきたが、

新三は、断る。

誘拐事件に一役買ったのは、長屋の大家・長兵衛だった。

新三に、お駒はもう用がなかった。

「この話は金になる」と踏んだのが長兵衛だ。

新三の断りなしに単身「白子屋」へ出向き、「お譲さまを取り返す」と約束して、

50両の包みを手に戻ってきた。

してやったりの長兵衛に新三は呆れるが、屈託のない大家だった。

新三も笑いを隠せない。

長屋中が笑った。

やくざの親分の顔に泥を塗ったのだから、ただじゃ済まない。

長屋の者は誰も忠告しない。

新三は逃げない。

翌日、弥太五郎源七を怒らせた新三のゆくえが定かではなかった。

THE END


スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line