fc2ブログ

ブレイン・ゲーム~概要ですが最後までネタバレ編

ブレイン・ゲーム~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

舞台は、アメリカ。FBIの捜査官キャサリン・コウルズとジョー・メリウェザーは

連続して起こる凶悪な殺人事件に頭を悩ませていた。

手口が同じで全く証拠も掴めず容疑者が浮かばない。

ジョーは、友人であり元同僚の、博士・クランシー博士を頼る。

クランシー博士は超能力者で、特に予知に長けていた。

ジョーはもうすぐ死ぬと予知した。

また殺人事件が起こってしまう。

警察署に自身の犯行を克明に伝えてきた通報があった。

訪れてみると、4時16分と書かれたメモ書きがあった。

ジョー達3人が訪れた時間だった。


クランシー博士は遺体に触れて、

どんな状態で被害者が亡くなったのか探る。

これまでの被害者の共通点を突き止めた。

共通点は重病を抱えていたのだった。

**
クランシー博士の元へ身元不明のFAXが届いた。

FAXを見て絶句した博士は、降りると言い出した。

犯人は博士と同じような能力者で、力は博士よりも強大に思えた。

ジョーが事件で負傷。

博士が病院に行くと、

ジョーは、自分がステージ4の癌であった。

予知していたのは、ジョーが苦しむ光景は癌によるものだった。

ジョーは帰らぬ人となってしまう。

博士は再び、犯人と向き合う。

酒場で、犯人の男が会いに来る。

**

犯人は殺人の動機を説明する。

ジョーをアトリエにおびき寄せ、撃たれるように仕向けたのも、

癌で苦しむ未来から解放してやるためだったと。

男は「俺が殺人をするのは、不幸な人間を減らすことに繋がる」と説明するが、

博士は否定する。

話聞き終えると、博士は男の頭を灰皿で叩きます。

男は驚いたが、逃げてしまう。

次の日、早速男の似顔絵が作られ、名前がわかる。

**

男は予知で、自分が射殺されることを知った。

電車で相対する博士と男。

キャサリンは人混みの中、犯人と博士がいる車両へ向かう。

何度も見た場面、男にキャサリンが撃たれてしまう未来を予知する博士。

博士は、次の瞬間キャサリンを銃弾から守るため、男を撃つ。

予知したシーンは、博士の血で顔が覆われたキャサリンだった。

キャサリンは、銃弾が当たったため入院した博士のお見舞いにいく。

**

博士はフラッシュバックする。

不治の病に苦しむ娘の姿を見ていられなかった博士。

苦しむ娘に薬を投与し安楽死させてしていたのだ。

犯人と同じ殺人を、娘にしていた。

物語は犯人の男の不穏な語りで終わる。

「また会おう」

THE END


スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line