FC2ブログ

教誨師(2018)A~死刑囚と対話する牧師

教誨師

教誨師(2018)A


★数行で映画紹介しなければ

死刑囚の教誨師を務めるプロテスタントの牧師・大杉漣は、

月に2度拘置所を訪れ、年齢や境遇、性格の異なる6人の死刑囚と面会する。

★ショウトしょうとSHORT

死刑囚と向き合い方

「空いた穴をあなたと一緒に見つめたい。

 どうして空いたのか?

誰が空けた穴なのか?はどうでもよいこと。

ただ、一緒に穴を見つめたい」

**

イルカ論議

ベジタリアンではないならば、豚も牛も食べている。

「死んでいい命なんてない」という主張が正しいなら、

なぜ?豚や牛はいいのか。

イルカはダメなのか。

教誨師が、「イルカは知能が高いですからね」と言うと、

相手はニヤリと笑い、「だったら僕と同じ考えですね」と返す。

「知能が高ければ生きていてよくて、低ければ殺していい」という主張とも受け取れる。

教誨師は、「人間は違う」と反論するが、多数の障害児?を殺した死刑囚は、

「だったら死刑は?」と返すと、教誨師は答えられなくなってしまう。

僕的にはイルカは日本では古来から食べられている、

現在も一部の地域で食べているから例えとしては変に思えた。


完全あらすじ


========

★基本情報
監督 佐向大
脚本 佐向大
原案 佐向大
製作 松田広子
製作総指揮 大杉漣
狩野洋平
押田興将
出演者 大杉漣
撮影 山田達也
編集 脇本一美
製作会社 TOEKICK☆12
ライブラリーガーデン
オフィス・シロウズ
配給 日本の旗 マーメイドフィルム
コピアポア・フィルム
公開 日本の旗 2018年10月6日[1][2]
上映時間 114分
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line