FC2ブログ

教誨師~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

死刑囚の教誨師を務めるプロテスタントの牧師・大杉漣は、

月に2度拘置所を訪れ、年齢や境遇、性格の異なる6人の死刑囚と面会する。

独房で孤独に過ごす死刑囚たちにとって、教誨師の大杉漣は、格好の話し相手でもあった。

大杉漣は死刑囚たちに聖書の言葉を伝え、

死刑囚らに寄り添い、話に耳を傾け、

悔い改めることで安らかな最期を迎えられるよう対話を重ねる。

無言を貫く者、真剣に思いを語る者、罪を他人のせいにする者、

一貫して攻撃的な態度をとり続ける死刑囚が登場する。

**

大杉漣は、死刑囚たちに自分の言葉が本当に届いているのか、

牧師として本当に正しいことをしているのかと絶えず疑問をもち葛藤する日々を送る。

1人の死刑囚に死刑執行命令が下された。

刑務所で入信した死刑囚から受け取ったグラビアの切り抜きを開く。

切り抜きの裏紙に、聖書の言葉が書かれてあって、

大杉漣の目に飛び込んできた。

「あなたがたのうち、
誰がわたしに
罪があると
責めうるのか」


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line