FC2ブログ

菊とギロチン~概要ですが最後までネタバレ編

菊とギロチン~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

大正末期、関東大震災直後の日本は、混沌とし、軍部が権力を強めいた。

在日朝鮮人が毒を井戸に投げたとして、虐殺された。

時を同じくして、大阪で活動するギロチン社というアナキスト集団の男たちが、

資金集めと称して、金持ちから金を略奪していた。

軍部主導の社会に憤慨し、「格差のない平等な社会」を標榜するのだが、

実際のところ、金は酒と女に消えていた。

政府要人、軍人を殺せば、世直しできるとテロリストになり、大阪ではお尋ね者になり。

中濱鐵と吉田大次郎は、東京へと活動場所を移す。

女力士たちの興行を興味本位で覗きに行った中濱と吉田は、

在日朝鮮人の力士・十勝川と意気投合する。

**

力士花菊は、夫の暴力に耐えかねて女相撲一座「玉岩興行」に逃げ込んでいた。

力士仲間には、元遊女の十勝川や、

花菊と同じく、夫から逃げてきた女など様々な事情を抱えた女性が集まっていた。

駆け込み寺のような役割も果たしていた。

**

力士勝虎かつは、男と逃げるが、気が変わって一座に戻ろうとすると、男に殺される。

花菊の亭主がきて、連れ帰ろうとする。 

吉田は手製の手りゅう弾で阻止。

中濱は警察に逮捕される。

女相撲は興行中止になる。

阻止する力士と警察で、もみあいが始めるところで映画は終わる。

エンドクレジットで、女相撲やギロチン集団の行方が紹介される。

THE END

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line