FC2ブログ

武士の献立~概要ですが最後までネタバレ編

武士の献立~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

春は、加賀藩6代藩主吉徳の側室のお貞の方に仕える女性。

料亭を営む両親の元で知らずに料理の腕を磨いていたが、

火事で両親を亡くし、

お貞の方の料理担当をしていた。

藩内の宴で料理の才を舟木伝内から見込まれた。

舟木伝内の家は代々藩主の料理を担当する「包丁侍」、

「息子に料理を仕込んでほしい」と頼まれる。

一度は断るが、舟木伝内に直々の願いで、

舟木家に嫁ぐことになった春。

夫は4歳も年下であり、「古だぬき」と冷たくされてしまう。

春の夫である舟木安信は、元々「包丁侍」に興味がなく、

男は剣術で主人に仕えるものだという考えを持っていた。

父親は、「包丁侍」としても職務を全うできるように、春を息子の嫁に迎えた。

春は、安信に勝負を挑んだ。

包丁の勝負に負けたら自分の指南を受けるように約束させられた安信。

勝負に負けて、料理の指南を受ける。

最初は全く料理のできない安信だったが、指導により本来親から受け継いだ才能を開花させていく。

春も安信もお互いに
接するうちに、物事に対するひたむきさなど相手の良さがだんだんと分かってくる。

安信は初恋の佐代が忘れられないことを噂で聞いていて、

結婚していた佐代がお家騒動で、離縁されたことを知る春。


春は「包丁侍」としての誇りを持った安信を見届けて、置き手紙を残し消えた。

手紙には自分の役目はもう終わったと書かれてあった。

安信の心には自分ではなく佐代がいる、幸せにしてほしいと書いてあった。

家を出た春は港町で、あまさんたちに食事をふるまう仕事についていた。

安信がやってきた。

「やっと見つけた。私の妻はおまえだけだ」と言った。

佐代は別の場所で幸せに暮らしている。

自分の心の中には佐代ではなく、春がいることを伝えた。

夫の本当の気持ちを知った春は涙を流して、戻っていった。

THE END

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line