FC2ブログ

天下の二枚目アランドロンの登場 その2



三作目は、『恋ひとすじに』


ドイツのロミー・シュナイダーと共演
同棲し婚約するも、1963年に別れる。
**
アランとロミー

フランス語が話せないロミーと
ドイツ語が話せないアランは意思疎通がうまくいかず、
ロミーの家庭では「全員アランが嫌いだった」。
スポーツカーを乗りまわし信号を無視して走り、
スタジオには必ず遅刻してくる、
数々のよからぬ噂を持つ男だった。
母親は、娘を一目見て言った
「あら、あなた、彼にまいったのね」
アラン・ドロンという母の愛情を知らない
非家庭的なフランス男をロミーの家族は受け入れなかった。
ロミーは実家を飛び出してパリで同棲した。
家族は娘を放っておけず「婚約」という形でお茶を濁す。
アランは二人の間にあったギャップを語る。
裕福な上流家庭で育ったロミーを「僕が世の中で一番嫌いな階層の人間だ。
20年にもわたって彼女が身につけてきたものを僕が5年ほどで消し去ることはできない。
僕の中には二人のアラン・ドロンがいて、
ロミーの中にも二人のロミー・シュナイダーがいる。
一人のロミーのことは世界中の誰よりも愛している。
だがもう一人のロミーは同じくらい嫌いな人間だ」。
パリでロミーはフランス語を勉強したが
何本かのドイツ映画の契約が終わると仕事は途絶えた。
ドイツ映画界のアイドルがフランス男と出奔した、
裏切り者だとしてドイツのリストから外され、
フランスではリストにも載っていない女優となった。
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line