FC2ブログ

天下の二枚目アランドロンの登場

アランドロン2

50年代のフランス映画

ドロンは、4歳で両親が離婚

寄宿学校を転々とした親の愛情不足。

14歳より食品店で働き始めて、フランス海軍へ志願。

17歳で入隊し、第一次インドシナ戦争へ従軍。

1955年、20歳で無事除隊後は

アメリカとメキシコを放浪、

1957年の夏、女優のブリジット・オーベールから

「カンヌで映画祭が開催されるから歩いてみたら。

あなたほどの美貌なら、

監督の誰かから声が掛かるかもしれない」と言われた。

アランは、上半身裸で歩いたという、

ハリウッドの一流エージェントにスカウトされた。

3日後にローマのチネチッタ撮影所にて、

映画『武器よさらば』撮影中の

デヴィッド・O・セルズニックの

スクリーンテストを受け合格し、

アメリカ合衆国での成功に太鼓判を押され、

英語の習得を条件に7年間の契約を持ちかけられる。

「私はフランス人なので、

まずはフランスで勝負をしたい」と保留、

女優エステラ・ブランの紹介で、『女が事件にからむ時』

でデビューした。
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line