FC2ブログ

フランス映画50年代後半の総括

鑑賞本数は一万本をこえ、まずはフランス映画。

ハッピーエンドが少なく 悲劇悲恋ものが多いですね。
写真は4名のフランス女優です
ヘッドライト
パスカル・プティ
ミレーヌ・ドモンジョ
ジャクリーヌ・ササール

1955~59年 ABC僕評価 C評価=普通に面白い
邦題アイウ順

いとこ同志(1959)B~パリの大学生の青春無常編


居酒屋(1956)C~ミール・ゾラの落ちぶれていく女性


お嬢さん、お手やわらかに(1959)C~アラン・ドロンを競う三人の女性


大人は判ってくれない(1959)C~トリュフォーの少年時代自伝


黒いオルフェ(1959)C~運命的に出会う二人とリオ・カーニバル


恋ひとすじに(1958)C~アラン・ドロン、悲恋物語


恋人たち(1958)D~美しすぎる映像と彼女に恋する監督の視線


死刑台のエレベーター(1958)C~夫の完全殺人をはかった行方


素直な悪女(1956)E~ブリジット・バルドー、三人の男を翻弄する女


月夜の宝石(1958)E~ブリジット・バルドー、恋の逃避行


殿方ご免遊ばせ(1957)E~ブリジット・バルドー、手抜きコメディ


二十四時間の情事(1959)D~アランレネ、日仏合作映画


裸で御免なさい(1956)E~ブリジット・バルドーのラブコメ


ヘッドライト(1956)C~ジャン・ギャバンの悲恋もの


わが青春のマリアンヌ(1955)D~それは幻想なのか?





スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line