FC2ブログ

居酒屋~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

ある朝、パリの裏町に住む女性主人公は、一晩家を空けた夫・ランチエの帰りを待っていた。

二人の息子がいながら、向かいに住む、アンナの家に通うランチエは、悪びれる風もなく帰宅する。

女性主人公は夫・ランチエを責めるが、自分の足が悪いことに引け目を感じているうえ、

夫・ランチエに心酔しているため、すぐに許してしまう。

洗濯場にて、友人であるボシュ夫人と会った女性主人公は、

パリに来る前まで洗濯女として働いていたことや、

ランチエとは籍を入れていないことを聞かれるままに話す。

**

その時、女性主人公のところへ息子たちがやってくる。

ランチエが荷物を持って、アンナと家を出て行ったと言うのだ。

アンナの姉・ヴィルジニーは、面白がって女性主人公の様子を見に来ていた。

二人は取っ組み合いの殴り合いになる。

**

女性主人公に再婚の機会が巡ってくる。

相手は屋根職人のクポーで、ランチエと違い、とても優しい人であった。

姉は用心深く、女性主人公の足が悪いことや、子持ちであることをねちねちと咎める。

二人は晴れて夫婦になり、贅沢ではないが仲睦まじい結婚生活を送り、

ナナという女の子が生まれる。

**

夫婦はよく働いた。

長年の夢であった夫婦の店を持つことになった。

夫クポーは仕事中に、屋根から足を滑らせて転落してしまう。

女性主人公は、開店資金を諦めて治療費に回したが、貯金は半年で尽きてしまう。

働き詰めのうえ、寝たきりのクポーは不満を垂らし、夫婦仲はすっかり冷めきっていた。

見舞いに来た友人のグジェは、資金の援助を申し出る。

開店準備に追われるなか、女性主人公は喧嘩したことのあるヴィルジニーと再会する。

巡査のポワソンと結婚し、かつての行いを謝罪する。

そして、ランチエがアンナとは別れていることを告げる。

店の様子を見に来た元夫ヴィルジニーに、

資金繰りや人間関係について赤裸々に話してしまう女性主人公。

さらに噂好きのボシュは、彼女についてヴィルジニーに吹き込む。

洗濯店は繁盛し、従業員を数名雇うほどに成長する。

女性主人公は仕事に精を出し、彼女の長男・エチエンヌは、鍛冶職人のグジェの元で見習いとして学び始める。

だが、働かなくなった夫クポーは、足が治ったが酒浸りであった。

夫クポーはグジェに返すための金を使い込んでしまう。

絶望した女性主人公は、返済を遅らせてもらうため、グジェに謝りに行く。

グジェは女性主人公を優しく受け止めると、キスをしかけてやめる。

女性主人公は誕生日を前に、立派な鶏肉を調達してはしゃいでいた。

そこへヴィルジニーが訪ねてきて、近くでランチエを見たと話す。

若くして一緒になったランチエを、女性主人公は忘れられずにいた。

ヴィルジニーは道端でランチエと会い、親密そうに手を振り合う。

女性主人公の誕生会には、友人や親戚など十数名が駆けつけた。

酒場に入り浸っていたクポーは、無理やり家に連れ戻される。

料理と酒が振る舞われ、会が盛り上がりを見せる。

夫クポーは、元夫のランチエを友人として招き入れる。

そしてランチエを子供と再会させた挙句、一晩泊まるよう促す。

家を探していると言うので、家の一室を明け渡してしまう。

グジェは誕生会の日、女性主人公と熱いキスをするが、

ストライキに参加したことで懲役を食らってしまう。

刑期を終えて店を訪れると、住み着いたランチエの姿があった。

ヴィルジニーの口から、女性主人公がランチエと関係を持ったことを知る。

女性主人公は、グジェを頼って会いに行く。

グジェに想いを伝えるが、後ろめたさからキスを拒んでしまい、涙を流す。

グジェの元に、子供エチエンヌを預けることにした。

女性主人公が鞄を探していると、クポーが質屋へ持ち出したのだと、ナナが教える。

客のシーツまで持って行ったらしいと聞き、女性主人公は店を飛び出す。

酒場にいたクポーは、質札を飲み込んでしまう。

グジェとエチエンヌは去ってしまい、女性主人公の希望は断たれる。

店の客足は途絶え、従業員はクレマンスだけになっていた。

仕事と子育てに追われ、クポーとランチエの食事の世話まで背負う女性主人公は、

ついに怒りを爆発させる。

食卓をひっくり返すと、店を売ってしまいたいと訴える。

床に散らばった芋を、ナナは手で弄ぶ。

ランチエは相変わらず女に目がなく、ヴィルジニーの誘いにも簡単についていく。

二人の関係に気づいた女性主人公は、ずっとヴィルジニーに騙されていたことを悟る。

店を売るよう勧められるが、口汚く罵って追い払う。

クポーはアルコールに蝕まれ、精神に異常をきたしていた。

ある夜、暴れて店を半壊させると、病院に運ばれて命を落とす。

すっかり精気を失った女性主人公は、ついに店を奪われてしまう。

店は、ヴィルジニーのものになり、ランチエの姿もあった。

ナナは、ヴィルジニーにキャンディとリボンをもらい、酒場にいる母の元へと戻る。

女性主人公は酒を前に、ナナの呼びかけにも答えない。

ナナはリボンを首に結びつけると、街にたむろする少年たちのところへ駆けてゆく。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line