FC2ブログ

フランス映画のハリウッド化 セシールカットの衝撃!!

フランス映画50年代総括

フランス映画のハリウッド化

セシールカットの衝撃!!

大好きなサガンの原作
映画「悲しみよこんにちは(1958)」
フランスものですが、アメリカ映画なんです。


ジーン・セバーグは

ジーン・セバーグ

短髪で、セシール役を熱演。

この髪型が大流行!

よほどのキュートな女性しか真似できません。

しかしアメリカ人女優。

このようにフランスものなのに、米映画として

ハリウッドに吸収されていく。

**

ジーン・セバーグは

ゴダールの「勝手にしやがれ」でも印象的。
勝手にしやがれ

本作は

ベルモンドーと彼女の魅力で成立した作品かもしれません。

低能ゴダールはラッキーでした。

ジーン・セバーグは

公民権運動や反戦運動を行い、

その後は深刻なうつ病で40歳で自殺。
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line