FC2ブログ

ボヘミアン・ラプソディ~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

1970年のロンドン。

ペルシャ系インド人の青年ファルーク・バルサラ(フレディの本名)は、

空港で荷物の積み下ろしをする仕事をしていた。

仕事仲間から「パキ野郎」と呼ばれると、フレディは気分を害しながら否定。

インド人じゃなくてパキスタン人と思われていた。

音楽がしたくて、ライブハウスへ。

「スマイル」というバンドを気に入る。

そしてそこでメアリーと知り合う。

「スマイル」のボーカルが移籍したことを聞き、

フレディは売り込む。

バンドのロジャーはフレディの顔を見て、「その出っ歯じゃ無理だろ」と小馬鹿にした。

するとフレディは、2人の前でスマイルの楽曲である「Doinng Alright」を歌い出した。

「過剰歯な分、口が広くて音域が高い」とアピールし、2人はフレディの歌声に圧倒された。

知り合ったメアリーとも深い関係に。

フレディの発案によってバンド名を「クイーン」に変更し、

徐々に人気を集めていく。

しかしそれ以上に人気が出ない。

フレディの提案によって車を売り、そのお金で一枚目のアルバムを製作することにした。

コーラスに特殊効果をかけたり、

ティンパニーの上にコインをばら撒いたときの音を録音したり、

アンプを吊るして左右に降って音響を確かめたりなど、斬新な演奏を試みる。



アルバムを聴いた、エルトン・ジョンをスターにしたプロデューサーのジョン・リードが乗り出す。

バンドのサポートをポール・プレンターが参加。

晴れてクイーンは国営放送BBCの音楽番組に出演。

歌「キラー・クイーン」注目され、クイーンの名前はイギリス中に知れ渡るようになった。

ある朝、フレディはメアリーに指輪を渡してプロポーズ。

米国ツアーも決まった。

クイーンは全米を巡る。

全米ツアーから帰ってきたクイーンは、

レコード会社のEMIの重鎮であるレイ・フォスターの元で次回作を作ることに。

キラー・クイーンのような曲を作ってほしいとレイから要求されるが、

「同じことはやらない」と主張し、フレディは「オペラ級のアルバムを作る」と宣言。

クイーンは田舎のスタジオに泊まり込んで、次なるアルバム「オペラ座の夜」の収録。

あるとき、フレディはメアリーに宛てて「ラブ・オブ・マイ・ライフ」というラブソングを制作。

その美しい歌声をそばで聴いていたポールは、フレディに近づき突然キスをする。

同性愛にめざめるフレディ。

ついに一曲で6分以上の大作となるボヘミアン・ラプソディを完成。

さっそくレイに自信作のボヘミアン・ラプソディを聴かせるが、

「曲が長すぎてラジオで流せない」と顔をしかめる。

レイはほかの曲をシングルにするように提案するが、

メンバー全員が反対し、マイアミやポールたちもクイーンの肩を持った。

応じないレイに怒ったメンバーは、EMIとの契約を破棄することを決意し、

フレディは「クイーンを失った男と呼ばれろ」とレイに告げて去った。

その後フレディは、知人のラジオDJであるケニー・エヴェレットの番組に単独出演。

そして未発表のボヘミアン・ラプソディを、ゲリラ的にラジオで流した。

当初は楽曲の長さや難解な歌詞から、評論家やメディアに酷評される。

**

英国では酷評だが、世界各地でライブを行い、人気が出てくる。

フレディはポールとの同性愛関係をどんどん深めていく。

メアリーに告白。

フレディが自分はバイセクシャルだ。

そして離婚。

数年後、フレディはロングヘアを短く切って、ヒゲを生やした定番のスタイルに変化。

ロジャーからはゲイっぽくなったと指摘される。

フレディはわがままになり、バンドメンバーから浮いていく。

新曲をディスコ調の曲にしても大ヒット。

ますまずのぼせ上がるフレディ。

フレディはポールと一緒にゲイのコミュニティに入り浸っていた。
そしてその頃、まだ原因がわからなかったエイズが、同性愛者の間で流行していたのだ。

いよいよバンドメンバーの間には亀裂が入り、ソロデビュー。

よくある話だ。

エイズは進行していて、バンド仲間と復縁。

1985年、ライブエイド(20世紀最大のチャリティーコンサート)に出演。

1991年、フレディはエイズによる肺炎でこの世を去った。

THE END

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line