FC2ブログ

肉体の冠~概要ですが最後までネタバレ編


19世紀末のパリを舞台、
実在した伝説の娼婦マリーをめぐる愛憎劇を描く。

娼婦のマリー(シモーヌ・シニョレ)は、大工のマンダ(セルジュ・レジアニ)と出会い、恋に落ちる。

マリーの恋人であるギャングのロランは、

カフェで親しくしているマリーとマンダの姿を見て嫉妬する。

後日、酒場で決闘を繰り広げた末、マンダはロランを刺し殺してしまう。

マリーとマンダは町を離れる。

田舎でマリーと平穏な日々を過ごしていたマンダは、

親友のレイモンがロラン殺害の容疑で逮捕されたことを知る。

それは、マリーに好意を寄せるギャングの首領のルカが仕組んだ罠だった。

マンダは警察への自首。

マリーの助力で護送車から脱走したマンダは、警察官たちの見守る中、ルカを射殺する。

2件の殺人を犯した罪により、マンダに死刑の判決が下りる。

マリーは、断頭台にかけられるマンダの姿を無言で見つめる。
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line