FC2ブログ

墨攻~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

紀元前5世紀、中国戦国時代。

小国の「梁」は、隣の大国である「趙」に侵攻される。

梁王は、守りのスペシャリスト集団である墨子教団に救援を要請。

依頼を受けた墨子教団は、革離(かくり)を梁に向かわせた。

革離ただ一人。

期待していたのは墨子教団の援軍だった。

王や臣下たちは不安を隠しきれないが、

みごとな作戦で籠城して、10万の攻撃を防ぐ。

日本の戦国時代でも、真田とか他にいくつも同じような話がある。

**

斉国が20万の兵を趙国へ派兵。

情報により梁王と家臣は、趙が撤退すると読み一安心する。

そして、民衆から強い信望を寄せられる革離が、

謀反を起こすのではないかと不信を募らせた。

革離が殺されることを知ると、梁適が助けて逃亡。

梁適は彼について行こうとするが、革離は平和の意味を理解する者が王になるべきだと説く。

数名の民が革離について行ったが、梁軍が攻撃を開始。

梁適は殺される。

趙軍は撤退して、安心する梁側。

しかし残った趙軍の夜襲により、制圧された。

梁王を捕縛した港淹中は、梁城の民を人質に革離を呼び寄せようとしていた。

翌日、単騎にて梁城へ現れた革離。

革離は港淹中と話し合う。

革離は撤退を要求。

その時、革離の計画で地下から水が噴き出して来る。

趙軍はたちまちに混乱して撤退。

残った港将軍は梁王により射殺。

(この辺の話は理解不能)

**

梁王はそれから5年後、暴政が過ぎて自ら死を招く。

主を失った梁は趙に制圧され、その趙すらも秦が滅ぼした。

革離は孤児と共に諸国を巡り、平和を説いて歩いた。

THE END

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line