FC2ブログ

ティファニーで朝食を~オードリー・ヘップバーン、自由奔放な女性の恋の行方


ティファニーで朝食を(1961)C


★数行で映画紹介しようよ

ニューヨークを舞台に、自由奔放に生きる女性を描く

★ショウトしょうとSHORT

原作とは違いすぎる作品です。
マリリン・モンローが出演を断ったために、
妖精オードリー・ヘップバーン用に淡い恋愛ものになっています。



「ティファニーで朝食を」僕の半可通


★仕入れた情報

★歌はカットされそうになった

パラマウント映画の新社長は、
歌のシーンは
カットした方がよいと言い放ったと言うが、
オードリーは立ち上がり「絶対にカットはさせません」と言って残されたシーンだったという事を、
相手役のジョージ・ペパードが、
1993年に発売されたドキュメンタリービデオ「想い出のオードリー・ヘップバーン」中
のインタビュー映像で語っている。

★主役が替わり、原作とは違う映画になった

原作者カポーティは、マリリン・モンローを主役にすることを条件に、映画化を了承した。

出演依頼を受けたモンローは、娼婦役を演じることが女優としてのキャリアに
マイナスになると考え、出演を断った。

こうして、モンローとはまったく個性の異なるヘプバーンが主演を務めることになった。

モンローのイメージに合わせて書かれていた脚本は、
急きょヘプバーンの魅力が生かされるように書き直された。

カポーティはヘプバーンが映画に主演すると聞いて、少なからず不快感を表したと伝えられる。


========

★基本情報

原題 Breakfast at Tiffany's

監督 ブレイク・エドワーズ

脚本 ジョージ・アクセルロッド
原作 トルーマン・カポーティ

出演者
オードリー・ヘップバーン
ジョージ・ペパード
 

上映時間 115分

製作国 アメリカ合衆国

============

テで、はじまる恋愛映画(洋画編)




恋愛映画めざせ2000本~タイトル、アイウ順索引



by 村上サガン



スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line