FC2ブログ

恋に落ちる確率~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

アレックスは、

人妻アイメに、店で初めて会う。

しかし

アイメは変なことばかり言う。

以前に会ったことがありそうで。

今日の約束に5分遅れたとか。

いろいろと変なことを言う。

アイメの自宅に連れ込まれて

一夜を過ごす。

自宅は、旦那(小説家)も住む部屋だ。

**

場面は変わり、小説家が推敲している。

もしかして 二人のことを書いているのか?


**

小説家が、忘れ物をして、部屋に戻る。

もうアレックスは部屋を出ていて、

「13時に会おう」という、置手紙を、

小説家は見つけた。

アイメはシャワーを浴びていた。

**

アレックスは

アパートへ戻ると、自分の部屋が無く、

住人も自分を知らないと言い、

友人や恋人シモーヌからも知らないと言う。

父親にも知らないと言われる。

(なんか つまらない映画の予想。

パラレルワールドでも迷い込んだのか?)

**

13時に会う約束しているので、

アレックスは店に行く。

アイメも来ていた。

黙って、別の席に座っていると、

「はじめまして」と、

アイメが同席してきた。

(うあ~ ありえないあらすじ)

その二人を、店の外から、ながめる小説家。

**

アレックスとアイメは、公園を散歩する。

アイメは「また会いましょう。ローマで会いましょう」と言って別れる。

**

アイメは小説家と会う。

「もう一度。やり直そう」と言う。

「無理よ。許して」

アイメは部屋に戻り、ローマ行きの準備。

小説家に、「さよなら」の置手紙をして。

**

ローマへ行くための、落ち合う店に

遅れたアレックス。

アイメは待ちくたびれて、

外で会い、白けてしまう?

意味不明?

**

小説家は執筆している。

内容は、

アレックスは別れを決意。

**

アレックスはアイメに会いにゆくが、

「あなた誰?

わたしは夫(小説家)と、これからローマへ」

**

場面は、一夜を共にした日に戻る。

「さよなら」とアレックスが

寝ているアイメに。

一人で部屋をでる。

**

小説家が独白。

「女は去っていった。

もう笑い声もない。

後に残ったのは男だけ

そう男だけ。

今はひとり。

観察しよう

これは映画だ 

すべてフィクション

そう言っても心は痛む。

THE END


スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line