FC2ブログ

その3 北ホテル~フランス男の恋愛至上主義、失恋は死に値する

北ホテル

北ホテル(1938)

フランス男の恋愛至上主義

あなたのためなら死んでもいいの三部作

「天井桟敷の人々」の監督カルネの作品


1.心中未遂した後の、男と女の違いが面白いですね。

女をピストルで撃って心中をはかる。

女は助かるが、男は刑務所へ。

男は自己嫌悪になり、女を冷遇する。

女は、ますます男が好きになる。 太宰的?

2.恋に破れて自殺

フラレタ男は、

殺し屋に、ピストルを渡して

射殺される、これはある意味自殺


3.アウレッティが三枚目

「天井桟敷の人々」で、謎の二枚目美女を演じているが

本作では完全三枚目ですね。

===========

★概要
パリの市中とも思えないほど静かなこの界隈に北ホテルがある

そこで繰り広げられるノンブルジョワ層の群像

心中事件、横恋慕、別れなど

★名セリフ
北ホテル2


「カサブランカ」の原点みつけたり

「なぜ、さよならも言わずに消えた?」

「・・・」

「それはないぜ」

「だって・・・」

「分かっている。お互い様だ。

 俺も戻ってきたからさ(元カノのいる北ホテルに戻ったから)」

「彼を、愛しているか?」

「ええ」

「幸せなヤツだな」

「ひとつだけ、信じて、(貴方と)行く気だったのよ」

「ああ、わかっている、君との3日間は楽しい思い出だ。

 達者でな」

男は、北ホテルの元カノの部屋へ行こうとする。

「いっちゃ、駄目」

「なぜだ?」

「連中が・・・、ばれてるわ」(殺し屋が隠れている)

「そうか」


・・・・

男は、殺し屋にわざと殺される


★基本情報

原題 Les enfants du Paradis

監督: マルセル・カルネ.

原作と脚本
ウージェーン・ダビ作の同名小説にヒントを得て
アンリ・ジャンソンとジャン・オーランシュが協力して
ストーリーを書き、カルネが仕上げた。

出演:

アナベラ (Renee)
ジャン・ピエール・オーモン (Pierre)
ルイ・ジューヴェ (Edmond)
アルレッティ (Raymonde)
アンドレ・ブリュノ (Lecouvreur)
ジャーヌ・マルカン (Mme Lecouvreur)
シモーヌ (Jeanne)
ベルナール・ブリエ (Tremeau)
ポーレット・デュボー (Ginette)
アンドレックス (The Truck Driver)
アンリ・ポスク (Nazareth)
ルネ・ベルジュロン (Maltaverne)
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line