FC2ブログ

ローマ帝国に挑んだ男 パウロ~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

主人公パウロは、ユダヤ人だが、奴隷じゃなくて、

ローマ市民の権利を持っていた。

ローマ時代の宗教は、ユダヤ教で、パウロも宗教では上位の地位にいた。

時は、キリストが処刑されたが、いまだに信仰者が多く。

パウロは見つけ次第に殺していた。

**

キリスト教徒を迫害する目的でダマスコへ行く途中、

「なぜ私を迫害するのか」というキリストの声を聞き、

その後、目が見えなくなる。


アナニアというキリスト教徒が

神のお告げによってパウロのために祈ると
パウロの目から鱗のようなものが落ちて、
目が見えるようになった。

「目から鱗が落ちた」という言葉の語源。

こうしてパウロはイエスの奇蹟を体験し、

キリスト教徒となった。

ギリシャなどのヨーロッパ各地を布教して、

死を覚悟して、ローマ皇帝に会おうことを決める。

そして、ローマに護送されて、

ローマに到着したところで、映画終わる

THE END


スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line