FC2ブログ

ジュリエッタ~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

マドリードで1人暮らす中年のジュリエッタ。

パートナーのロレンソと余生を共に送るため、ポルトガルへ移住することに。

12年も音信不通の一人娘が、子供ができていたことを知る。

それは、娘の、かつての親友がイタリアで再会して、娘から聞いた情報だった。

娘の居場所はわからない。

ジュリエッタは

「母は、現在もマドリードにいる」と親友に言ったことも知る。


それで、マドリードに残ることにした。

移住を突然断られたロレンソは、

理由も告げないジュリエッタを「君は何も話してくれない」と言って、去っていった。



ジュリエッタは、過去を振り返る。

25歳の時。

夜行宿泊列車で、ショアンという若い男と出会う。

ジュリエッタは古典の臨時教員をしていること、

漁師のショアンには、5年間昏睡状態の妻がいることなどを互いに紹介し合い、

意気投合して、セックスへ。

しかし互いに連絡先は聞かないまま別れた。

**

ジュリエッタの代理教員の終了日に、ショアンから学校に手紙が。

手紙には“あの夜が忘れられない”とあり、ジュリエッタは彼のもとへ。

彼の妻は亡くなっていた。

再会を果たした2人は、愛し合い、

失職したこともあり長らくショアンと共に過ごす。

彼の“ただの友達”というアバにも会う。

芸術家のアバと文芸好きのジュリエッタは気が合い、すぐに親しくなる。

ジュリエッタがこの地に来た本当の理由は、

妊娠したことを告げるためだった。

やがて生まれた娘には「アンティア」と名付けられた。

**

9歳になった娘アンティアは、漁が好きでショアンとよく海に出ていた。

娘アンティアは夏休み中の学校のキャンプに出かけた。

**

アバから、初対面の時に、意味深なことを言われたジュリエッタは、

ショアンとアバの関係を疑う。

問い詰められたショアンは、

アバとの体の関係があったと認めるも恋人ではないと打ち明けた。

口論になる。

ショアンは興奮のまま、天気予報もみないで、漁に出てしまう、

嵐で、船は転覆しショアンは死んでしまう。

**

落込むジュリエッタに対し、娘アンティアは、

仲良くなった親友ベアと、介護する。

2人のお陰でジュリエッタは鬱を克服した。


娘アンティアは瞑想のためピレネー山脈に行きたいと言い出した。

しかし、それ以来、音信不通に。

自由に、一人になりたかったのだ。

**
ジュリエッタは警察に失踪届を出し、私立探偵も雇うが、見つけられない。

娘アンティアが消えてから3年間葉書さえない。

転居し、娘との思い出を全部処分。

**

アバがロレンソを引き合わせて、パートナーに。

ジュリエッタは、再び親友ベアに遭遇す。

娘アンティアは、突然に人格が変わったという。

親友とも決別していたのだ。

十代ではよくあること。

**

ジュリエッタは車と接触事故に。

ロレンソに助けられた。

入院のためにジュリエッタの荷物を取りに行ったロレンソは、

娘アンティアからの手紙が届いていた。転送?

娘アンティアには子供が3人いて、

父と同じ名の「ショアン」と名付けた長男が9歳で亡くなった。

娘を失った母の気持ちを初めて知ることに。

二人で、娘に会いにゆくことに。

「でも招かれていない」

「娘さんの住所もあるから、行くべきだ」

THE END


スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line