FC2ブログ

ファウスト(2011) E~あらすじ

ファウストは人の魂のありかを探し、解剖に明け暮れていた。

死体の始末を頼むお金も付きかけ、しかし、魂のありかは神と悪魔にしかわからないと言われてしまう。

心配する同じく医者の父親に、ファウストは一睡もできず、研究が思わしくないと告白する。

彼は仕方なく高利貸しの所で賢者の石の指輪を質に入れようとするが、価値がないと断られてしまう。

その高利貸の店の中にあった秤が気になったファウストが、それで金の重さを測るのかと尋ねると、魂を測るのだと言った。

哲学、法学、神学を修め、現在医学に励んでいるファウストはそれでも全然利口になっていないことを嘆く。

そして開いた聖書のヨハネ福音書の冒頭文、「はじめに言葉があった」の一説について、助手のワーグナーと論じた。

高利貸はファウストのもとを訪れ、彼を町の共同の水場で連れて行った。

そこは女達が洗濯をしたり湯に浸かったりする場所だった。

ファウストはそこにいた一人の美しい少女、マルガレーテに一目で恋に落ちた。

ファウストは、洗い場を後にしたマルガレーテの後を高利貸と追った。

ブロッケンから病人を連れてきた父は高利貸とファウストが一緒にいることに良い顔をしなかった。

高利貸に連れられ、酒場を訪れたファウスト。
そこには戦争が終わり、それを喜び酒を酌み交わす兵卒たちがいた。
酔っぱらった彼らと、もみ合いになってしまいそうな所を、
高利貸が壁をフォークで傷つけるとそこからワインがあふれだし、
みな我先にとそれを盃に注いだ。

店の中が騒然とする中で、ファウストは誤って兵士の一人にフォークを刺してしまう。
不幸にも彼はマルガレーテの兄だった。
ファウストは、マルガレーテとその母親を経済的に支えなければという思いで
高利貸の店の地下室で金を探した。

そうしているうちに、マルガレーテのもとには兄の遺体が運ばれた。
金を直接渡せないファウストの代わりに、
心の広い善人からだと言って、高利貸がマルガレーテの母に金貨を渡した。
ファウストは、マルガレーテの兄の葬式に参列した。
そこで棺を森の中の墓地に埋めた後、
マルガレーテと森の中を散策しながら話した。
しかし母親は、嫁入り前の娘が男と着やすく男と話すのと良しとせず激怒した。
ファウストと高利貸は
町まで乗り合いの馬車に乗るが、
マルガレーテのことで言い合いになってしまい
先客にうるさいと
町で降ろされてしまった。

ファウストのもとには、弟子が講義録を売ったのでお金が入り、
ファウスト教授に会いたいと人も来ていた。

しかしそれよりもマルガレーテのことで
頭がいっぱいのファウストは、彼女を支え助けたいと高利貸に相談した。
高利貸はファウストが不信心で教会をあまり訪れないのに対し、
マルガレーテは毎日通っていると話した。
そして二人は町の教会に入った。
高利貸は神父に寄付をしたい旨を話しながら、
ファウストを聖堂の中で一人でマルガレーテを待てるように便宜を図った。
マルガレーテは、食堂に母親が降りてくると、入れ替わるように外へ出て教会へ向かった。
その途中で、ワーグナーが彼女を呼び止め、自分がファウストだと名乗った。
そして、自分が教授である証拠にアスパラガスとたんぽぽの精油を
ハイエナの肝臓に混ぜたらできたというホムンクルスが入った試験管を懐から出して見せた。
ワーグナーはマルガレーテに手を払われた拍子にそれを落としてしまった。
中から飛び出したのは顔だけの生き物だった。

懺悔室に篭ったファウストのもとにマルガレーテがやってくる。
彼女は母を愛せないと告白した。
その帰りマルガレーテに、兄を殺してしまった事をばらされてしまったファウストは、素直にそれを認めた。

兄を殺したことがバレたとファウストが
高利貸に相談すると
母親の口を塞いでしまおうと、高利貸は提案した。

しかし、ファウストは、マルガレーテと一晩二人きりでいさせてくれるようにと頼み、
契約書のサインを血で書いた。

すると、高利貸は秘密の地下道を通り、悩める魂が行き着く場所へ彼を案内した。
その湖のほとりにマルガレーテはいた。
ファウストは彼女を抱きしめそのまま水の中へ落ちた。
そして目が覚めるとマルガレーテのベッドにいた。

ファウストはマルガレーテが起きる前に毛布を掛けて外へ出た。
外へ出るとファウストは、古びた鎧を着せられ、
高利貸に先導され天国の階段と呼ばれる岩の隙間を抜けえた。
途中、ほかの男達に道を阻まれたり、岩に阻まれ鎧を脱ぎ捨て、
開けたところに来る頃には、身軽になっていた。
そこには間欠泉があり、地中から湧き出る水は大いに彼の興味を引いた。
高利貸に魂を渡すよりも、今彼はその仕組みが知りたくて仕方がなかった。

ファウストは、高利貸に名声より業がほしいと言い、
高利貸を岩の間に落とし
その上から石を投げて動けなくした。
そして、一人氷河のほうへ向かった。
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line