FC2ブログ

日蔭のふたり~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

ヴィクトリア朝時代のイギリス(1837年から1901年)

石工のジュードは、大学進学を目指して働いていたが、

アラベラとセックスして、

彼女が妊娠したために結婚する。

しかし、それは想像妊娠だった。

結婚後まもなく、

アラベラは、ジュードから離れてオーストラリアに行ってしまう。

**

大学のあるクライストミンスターに移ったジュードは

働きながら勉強をはじめるが、

いとこのスーに再会し、知的な彼女に惹かれるようになる。

またまた、勉強は、おざなり?

**

スーは、結婚してしまう。

アラベラが、オーストラリアから戻ってくる。

ジュードと、久々にセックス。

**

旦那のいるスーのもとに会いに言って、

いまだに好きだと言うジュード。

スーは離婚を決意して、ジュードの元へ。

旦那は、文句は言わないようだ。

**

いとこ同士は、結婚してゆけない時代。

アラベラが妊娠したと報告にやってくる。

アラベラにとられたくないので

危機感を抱いたスーは、ジュードに体を許し二人は結ばれる。

数年後

アラベラに、ジュードと別れた後で生まれていた息子ジューイを

一方的に託されてしまう。

そして

ジュードとスーの間にも子供も生まれる。

結婚はできない。

未婚のまま同棲しているジュードとスーには、

仕事も、借りる住まいもない。

追い詰められる。

別れて、旦那のもとに戻る?

オーストラリアに行く?

子供を親戚か、孤児院に?

他に選択があるだろう?

二人の子供を殺してしまう。

それで逮捕されない?

ジュードとスーは別れて

スーは、旦那のもとに戻る。

THE END


スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line