fc2ブログ

上海特急(1932)C〜マレーネ・ディートリヒの献身的な愛


上海特急(1932)C〜マレーネ・ディートリヒの献身的な愛

★数行で映画紹介しなければ
「上海リリー」と呼ばれる白人娼婦の行方

★ショウトしょうとSHORT
ヨドナガさんが選ぶ、世界クラシック名画100選のひとつ。
ハリウッド第一期黄金時代の作品。

ディートリッヒが美人? 個人的にはそう思えない。
清潔感も爽やかさもない。暗い。貧相。

撮影は名手リー・ガームス、この作品でアカデミー撮影賞(1931)。
次のシーンに移るのに前のシーンを重ねてる(かぶる)のは面白い。

自分が恋人のために身を犠牲にしようとしたことを絶対に言わない。
ただ貴方を愛していると言うだけ。
女の意地? 
女性って、みんなそうなのですか?

最近では「花より男子2」でも記憶喪失の司に、
自分はあなたの恋人だと決して言わない。
これも女の意地?

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Shanghai Express
監督 ジョセフ・フォン・スタンバーグ
脚本 ジュールス・ファースマン
原作 ハリー・ハーヴェイ
製作総指揮 アドルフ・ズーカー
出演者 マレーネ・ディートリヒ
クライヴ・ブルック
撮影 リー・ガームズ
ジェームズ・ウォン・ハウ
編集 フランク・サリヴァン
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1932年2月12日
日本の旗 1932年3月
上映時間 80分
製作国 アメリカ合衆国

★概要ネタバレ
北京駅から上海行きの特急が出発する。

「上海リリー」と言われる娼婦が乗車していた。

列車内で
イギリス軍の軍医であるハーヴェイと再会する。
リリーの昔の恋人だった。
ハーヴェイはリリーが送った時計をはめていた。

中国は内戦状態。
列車が革命軍によって停車させられ、乗客は外に出されて身分を調べられる。
一人の中国人が逮捕される。
乗車していた革命軍のチャンは革命軍のリーダーで、
乗客は尋問される。

チャンはリリーを自分の娼婦にしようと連行しようとする。
聞きつけたハーヴェイはチャンを殴って、連行を阻止しようとした。
怒ったチャンはハーヴェイを拉致した。
リリーが送った時計は取り上げられた。

チャンは人質のハーヴェィを解放しない。

リリーは直談判に行った。
チャンは自分に恥をかかせたハーヴェイを盲目にして返すと言う。

リリーはハーヴェイを無傷で返すためにチャンの女になるのを承知した。

ハーヴェイは解放されるが、チャンとリリーの取引を知らないため、
リリーがチャンを選んだと失望する。

駅舎に忍び込んでいたフイ・フェイがナイフでチャンを刺殺して列車に戻る。
娼婦フイ・フェイはチャンにレイプされて列車に戻されたのだ。

チャンの死を知ったハーヴェイは危険を顧みずにリリーを救出する。

列車は上海に向けて出発した。

リリーの愛を疑うハーヴェイに愚か者とののしる。

列車は上海に着き、乗客は互いに別れを告げる。
フイ・フェイは記者たちに囲まれる。

リリーは列車を降りてすぐハーヴェイのために新しい時計を買った。

ハーヴェイはリリーを信じなかったと謝罪し、
二人はキスをするのだった。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line