FC2ブログ

アクロス・ザ・ユニバース(2007)C~ビートルズ33曲のミュージカル

アクロス・ザ・ユニバース(2007)C

全編にわたってビートルズの名曲を使用し、

1960年代のアメリカに生きる若者たちの青春を描いた異色ミュージカル

33曲だそうで。

全部好きな曲です。

サイケデリックという60年代のアートで構成された映像が懐かしい。

本作がビートルズでなくて知らないバンドの曲だったら

何もない感動しない。

本当にビートルズファンのオタク映画ですね。


ネタバレあらすじ(執筆中)

原題
Across The Universe
監督 ジュリー・テイモア
脚本 ジュリー・テイモア
ディック・クレメント
製作 ジェニファー・トッド
スザンヌ・トッド
レボルーション・スタジオ
出演者 エヴァン・レイチェル・ウッド
ジム・スタージェス
ジョー・アンダーソン
音楽 エリオット・ゴールデンサール
撮影 ブリュノ・デルボネル
編集 フランソワーズ・ボノー
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 東北新社
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年10月12日
日本の旗 2008年8月9日
上映時間 133分
製作国 アメリカ合衆国の旗





↓ 以降ネタばれ編


ネタばれ編

登場する人物名が全部ビートルズの曲にかかりあいがあるので
クスッとしますが、「ジュード」とか「ルーシー」などはミエミエ。

ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
のサーカスシーンが最高ですね。

曲だけでなく
タイトルだけの演出もありますね。
バスルームから彼女がやってくるとか。

話しは映画「イチゴ白書」のマネですね。


(印象に残った曲)

ビコーズ 綺麗なバラード、ベートベンの「月光」の逆コード進行

ポールの曲

ヘイジュード 悲しい歌も楽しく歌えばいいんだ。

レットイットビー なるようになる。

へルター・スケルター 
 ぐるぐるまわるすべり台 その他いくつか意味がある。

==

ジョンの曲

アクロス・ザ・ユニバース 何ものも僕の世界を変えることはできない 

Happiness Is A Warm Gun 
  幸福は撃ったばかりのガン(ガンって卑猥な意味にもとれる)

ストロベリーフィールズ・フォーエヴァー 
  すべては夢 本物はなにもない



スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line