FC2ブログ

ウィンターズ・ボーン(2010)E~米国で、白人だけで閉鎖的生活をする集団

ウィンターズ・ボーン(2010)E

「スコッチ・アイリッシュ」と、
よばれる、米国で、白人だけで閉鎖的生活をする集団での話。

ひたすら暗い、なぜア賞作品賞ノミネートか理解に苦しむ

アカデミー賞では作品賞、脚色賞、主演女優賞、助演男優賞にノミネート

いつか再見して 追記するかも

ミズーリ州南部に住む17歳の少女リーは父親を探していた。
親類や知人を訪ねて、父親の手がかりを得ようと奔走するリー。
親戚の女たちによって、リーは半殺しのリンチを受けてしまった。

父親が一族の掟(おきて)を犯したために、殺されたと確信するリー。
リーの属する一族にとって、掟破りは死に値する罪なのだ。
リーも一族の女であり、警察に訴えることなど考えもしない。
しかし、父の死を証明できなければ、家は没収される。

そんな時、親戚たちが父親の遺体の在処をリーに明かした。
リーは遺体の一部を「送り主不明の届け物」として警察に提出することで、
父の死を証明し、家と家族を守り抜いた。
だが、父の兄である叔父は、弟を殺した犯人を突き止めていた。


完全あらすじ


原題
Winter's Bone
監督 デブラ・グラニク
脚本
デブラ・グラニク
アン・ロゼリーニ
原作 ダニエル・ウッドレル
製作
アン・ロゼリーニ
アリックス・マディガン=ヨーキン
製作総指揮
ジョアンサン・ショイアー
ショーン・サイモン
出演者 ジェニファー・ローレンス
音楽 ディコン・ヒンクリフ
撮影 マイケル・マクダナー
編集 アフォンソ・ゴンカルヴェス
配給 アメリカ合衆国の旗 ロードサイド・アトラクションズ
日本の旗 ブロードメディア・スタジオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年6月11日
日本の旗 2011年10月29日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line