FC2ブログ

アパウトシュミット(2002) C~ジャック・ニコルソン、老後の孤独

アバウト シュミット 
 小津監督の「東京物語」と同じように妻を亡くし、
年老いてゆく主人公。

 東京物語の米国版のような作品(ちょっと言いすぎか??)

 アレクサンダーペイン監督作品
「サイドウェイ」も平凡な人物を主人公にしている。
 監督の好みのようだ。
誰でもいつかは訪れる老い。


About Schmidt
監督 アレクサンダー・ペイン
脚本 アレクサンダー・ペイン
ジム・テイラー
原作 ルイス・ベグリー
製作 マイケル・ベスマン
ハリー・ギテス
製作総指揮
ビル・バダラート
レイチェル・ホロヴィッツ

出演者 ジャック・ニコルソン

音楽 ロルフ・ケント
撮影 ジェームズ・グレノン
編集 ケヴィン・テント
製作会社 ニュー・ライン・シネマ
配給
アメリカ合衆国 ニュー・ライン・シネマ
日本 ギャガ
公開 アメリカ合衆国 2002年12月11日
日本の旗 2003年5月24日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国


ジャック・ニコルソンがゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)などを受賞した。



ストーリー
ネブラスカ州オマハの保険会社でアクチュアリーとして働いていた

66歳男性のウォーレン・シュミットは退職した。

テレビ・コマーシャルでアフリカの子供たちを援助するプログラムを知り、
6歳の少年ンドゥグの養父になって彼に手紙を書くようになる。

そんな折に妻のヘレンが急死してしまう。

しかも妻が過去に自分の親友レイと浮気していた事を知ってしまう。

ウォーレンは、トレーラーハウスで一人娘ジーニーの結婚式の手伝いにデンバーに行くことにする。

しかし、ジーニーに手伝いは要らないと断られたウォーレンはそのまま旅に出るが、

キャンプ場ではトラブルを起こしてしまう。

娘の婚約相手ランドールの実家を訪ねたウォーレンは、

ランドールの母親ロバータをはじめ、彼の家族がとんでもない連中だと知ると、

ジーニーに結婚をやめるように諭すが、そんな父親の言葉に娘が耳を貸すことはなかった。

意に反して娘の結婚式を無難にこなし、

やがて帰宅したウォーレンは留守中に届いていたチャリティ団体からの手紙を見つける。

そこにはンドゥグが描いた絵が同封されていた。

それを見たウォーレンは涙を流す。
==
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line