FC2ブログ

狂っちゃいないぜ~概要ですが最後までネタバレ編

優秀な航空管制官・ニックは、職場のナンバーワン。

そんな時に職場に新入りが入って来た。

新入りだが、ベテランのラッセルは、

ニックよりも優秀なだけでなく美しい?妻を持っていた。

ニックは仕事でライバル心を燃やす。

そして、ラッセルの妻・メアリーと関係を持ってしまった。

関係を知っても動じない新入りラッセル。

仕事柄、冷静沈着を重んじるので、ものごとを冷静に考えるのだろう。

だんだんに、ニックは、仕事がスランプになり、ミスを犯す。

大きなミスをすると飛行機が事故るので、その手前だが。

ある日、飛行機に乗ったニックは乱気流で、機内が大きく揺れた。

翌日の勤務日。

部屋に入ったニックは、すぐにラッセルに掴みかかる。

乱気流の中に飛行機を突っ込ませたと思っていたのだ。

その時、管制室に爆弾を仕掛けたという脅迫電話が入る。

ふたりで、なんとか対応。

あと1機を残してすべて手配済み、というところで

爆破時刻の11時が迫った。

しかもその飛行機は針路が悪く、無線が通じない

時間が来たのでニックは外に避難。

しかしラッセルは、逃げないで、対応。

11時になったが、爆弾は爆発しなかった。

ラッセルは悠々と出てくると、

「なぜ残ったのですか」というマスコミのインタビューに「任務だから」と答えた。

ニュースでは「避難して、雪の中で転ぶニック」

「余裕で出てくるラッセル」の映像が使われて、ニックは悔しがった。

**

浮気を知ったコニーが子どもを連れて家を出てしまった。

さらに職場に行くと、ラッセルは仕事をやめて、

メアリーと共に、姿を消していた。

ダブルショックを受けたニックは、着陸の指示ができないスランプに。

たてつづけに2回のミスをしたニックは、同僚たちに休めと言われる。

放心状態で家でテレビを見ているニックを、親友・バリーが心配して様子を見に来た。

バリーは先日のニックの飛行機乱気流巻き込まれの件を調べて、ニックに話した。

確かにニックの飛行機の着陸指示を遅らせたのはラッセルだった。

でも意地悪ではなくて、他の飛行機に心臓発作を起こした老人が乗っており、

その機の着陸を優先させた結果だった。

ニックはすべての面でラッセルに完敗したと思い、

誤解していたとはいえ喧嘩を売ったことを反省し、謝罪することを決める。

ニックは、川で釣りをしているラッセルのところへ。

本心をぶちまけまた。

ラッセルが来るまで自分がすべてにおいてナンバーワンだった。

来たことでそうではなくなったことや、

またラッセルがいなくなって不調に陥ったことも告白。

ラッセルは「自分を解き放つんだ。無茶しろ」と言う。

「無茶?」と思うニックに「川に飛び込め」とラッセルがアドバイス。

厳寒期に川に飛び込めとは、やっぱり根に持っているかと思ったニック。

そうではなかった。

管制官の職は緊張感を余儀なくされ、

ストレスがたまるので、たまには破天荒なことをして発散しろという意味だった。

ニックは気づかなかったが、

ラッセルも、ニックをライバル視していたと話した。

ずっと同じ職場にいると、いつかニックを殺すか飛行機を墜落させるかだと感じたので、

ラッセルは職場を変えようと思った。

(管制官を辞めるつもりはない。他の航空管制局に移る)。

2人はよくも悪くも似た者同士だったのだ。

ラッセルに誘われて滑走路に行ったニックは、

着陸する飛行機の真後ろに立って、2人して風圧で空を舞った。

ラッセルとのわだかまりも解け、空を舞ってストレス解消したニックは、職場に戻った。

しかしこの職は、一旦スランプになった直後が緊張する。

みんなが見守るなか、ニックは管制室に入り、どきどきしながら指示を出した。

最初はたどたどしかった指示は、徐々に普段どおりに戻った。

ニックは無事に復帰できた。

**

飛行機に乗っているコニーは、

機長に呼ばれてコクピット室に入った。

そこにはニックからの無線で、

コニーに「水曜日に食事でもどうか」という誘いがあった。

コニーは断る。

ニックは「じゃ木曜日」と引き下がり、コニーが断ると、

「じゃあ金曜、金曜にコーヒーを飲むだけでもどうか」と必死で食い下がる。

さらにニックは管制室から愛の歌まで歌う。

学生時代から15年の付き合いなので、

ニックの必死さはコニーに伝わった。

ほだされたコニーも一緒に歌をうたう。

「脈あり」と調子づいたニックは、

また必死でべらべらとコニーを説得し始めた。

(ニックとコニーは復縁すると思われる)

THE END
.
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line