FC2ブログ

リメンバー・ミー~概要ですが最後までネタバレ編

メキシコのとある町、サンタ・セシリア。

12歳のミゲル少年は音楽の一切を禁止するという堅い掟の一家で育った。

ミゲルのひいひいおじいちゃんが音楽のために家族を置き去りにしたことが原因。

残されたひいひいおばあちゃんのイメルダは、

靴の製造業で家計を支え、一人娘のココを育て上げた。

その後、靴の製造業は軌道に乗り、代々家族で経営を行なうのが決まりになっていた。

イメルダはすでに亡くなっており、

祭壇に飾られている写真にはココを抱いたイメルダ、

そしてその隣に立つ、ココの父親の姿が写っていた。

しかし、家族を置き去りにしたその父親の首から上は破り取られ、

どんな顔をしているのか誰にもわからなかった。

ミゲルには家族に内緒の秘密があった。

それはメキシコの伝説的な歌手であり俳優のエルネスト・デラクルスに憧れて、

ギターを弾いていたのだ。

伝説的な歌手デラクルスのようなスターになることを夢見ていた。

メキシコで祖先の霊を迎えるために毎年行われる「死者の日」が今年もやってきた。

ミゲルはその日に広場で開催される音楽コンテストへの出場を望んでいたが、

家族の監視の目は厳しく叶いそうになかった。

落ち込んだミゲルは、いつものように仲良しの野良犬ダンテと一緒に秘密基地に向かった。

自ら編集したデラクルスのベストをデッキに入れ、

ミゲルは一緒にギターを鳴らしながらその映像を観ていた。

音楽にかぶれているミゲルの将来を案じたおばあちゃんのエレナは、

靴職人としての仕事をミゲルに任せることにした。

両親が喜ぶ中、本当は音楽をやりたいミゲルは素直に喜ぶことができない。

そんな時、ひょんなことからイメルダの写真が祭壇から落ちてケースが割れてしまったので、

ミゲルがそれを拾って見つめていると、折ってある部分が存在することに気付きます。

そこにはミゲルのひいひいおじいちゃんが左手で持っているギターが隠されていて、

よく見るとそのギターはデラクルスのものに間違いなかった。

あこがれのデラクルスが、自分の祖父とわかり、

ミゲルはコンテストに出場することを決意。

しかし、こっそり家を抜け出そうとしていたところをエレナに見つかり、

ミゲルのお手製ギターは粉々に破壊されてしまった。

ショックを受けたミゲルは走り出し、コンテスト会場に向かうが、

楽器を持っていないと出場することはできなかった。

ミゲルはデラクルスのお墓に彼のギターが飾ってあることを思い出し、

それを少しの間だけ借りようと思った。

お墓に忍び込んでギターを手にし、

一弾きすると不思議な光が一瞬ミゲルの身体を包んだ。

ミゲルは生者の国の人間からは見えなくなり、声も聞こえなくなり

触れることもできなくなってしまった。

逆に死者の姿を目にし声を聞き、触れることができるようになった。

ミゲルは生きていながら、死者の世界に足を踏み入れていたのだ。

愛犬ダンテは変わらずミゲルのことを認識し、彼の後を付いてくる。

ちょうどお墓を訪れていた死んだ祖先たち、

大叔母のロシータ(ココの義理の妹)とヴィクトリア、

ひいおじいちゃんのフリオ、

ひいひいおばあちゃんの双子の兄弟オスカルとフェリペと出会った。

イメルダが生者の国に渡れない問題も含め、

彼らはミゲルと共に一度死者の国に戻る。

マリーゴールドの花びらで作られた大きな橋を渡ると、

とてもカラフルな死者の国が見えてきた。

死者の国から生者の国に渡るには、

オフレンダと呼ばれる祭壇に写真が飾られていることが条件。

死者の日に祭壇からギターを盗むという行為をしてしまったために

呪いをかけられたミゲルを救うには、家族からの許しが必要だった。

日の出までに呪いを解かないとミゲルの身体は骸骨となり、

二度と生者の国に戻ることができなくなってしまう。

イメルダはミゲルを許すが、

二度と音楽に関わらないことを条件にした。

呪いが解け生者の国に戻ったミゲルは掟を無視し、早速ギターを弾いた。

すると、あっという間に死者の国に舞い戻ってしまった。

死者の国の家族からも音楽を反対されたミゲルは、

ひいひいおじいちゃんのデラクルスから許してもらおうと思い付き、

そこから逃げ出した。

デラクルスの居場所を探すミゲルの耳に、

変装で無理やり生者の国に渡ろうとして警察に捕まったヘクターという人物の声が聞こえてきた。

デラクルスの知り合いだと言う彼の助けを借りようと、ミゲルは話を持ちかけた。

ヘクターは生者の国にどうしても渡りたいため、

ミゲルが戻った際に写真を飾ってもらうことで取引は成立した。

生身のままだと目立ってしまうので、

ミゲルは骸骨のように顔をペイントし、

愛犬ダンテとヘクターと共にデラクルスの居場所を探した。

死者の国でも、ちょうど音楽コンテストが開催されており、

優勝者にはデラクルスが住む高層ビルで

開かれているパーティーへの参加権が与えられることになっていた。

優勝を狙うためミゲルたちはギターを調達しにいく。

ヘクターの知り合いチチャロンはギターを持っており、

彼はそれを貸す前に一曲聞かせてくれとヘクターに頼んだ。

ヘクターが歌い終わるとチチャロンは消滅。

驚くミゲルに、

ヘクターは「最後の死」と呼ばれるものがあることを教えてくれた。

それは、生者の国の誰もその死者のことを覚えていないと

死者の国からもその存在が消滅してしまう二度目の死だった。

ヘクターは自らも最後の死を、もうすぐ迎えるであろうことを感じており、焦っていた。

一方、イメルダたちはアレブリヘと呼ばれる魂の精霊・羽の生えた

巨大なヒョウの姿をしたペピータの嗅覚を頼りにミゲルを捜索していた。

ミゲルは緊張しながらも、ヘクターの助けによってコンテストで最高のパフォーマンスを発揮し、

会場を大いに盛り上げた。

ミゲルが舞台の上から観客席を見回すと、

そこには彼を追ってきたロシータ(ココの義理の妹)たちの姿があった。

慌てて逃げるミゲルを不思議に思ったヘクターが問いただすと、

ミゲルはデラクルス以外にも許しを与えられる家族がいることを明かした。

最後の死が迫っているヘクターは

ミゲルに腹が立って喧嘩になり、二人は仲違い。

一人でデラクルスの元に向かうミゲルの前に大豹ペピータに乗ったイメルダが現れた。

イメルダもかつては音楽を愛していたことを明かし、

いなくなった夫のギターに合わせてよく歌っていた歌を歌った。

娘ココのためには仕事に打ち込むしかなかったとイメルダは言う。

納得のいかないミゲルはその場から走り出す。

パーティー会場に潜り込むことに成功したミゲルは、

デラクルスの歌を歌うことで注意を引き、

遂に憧れのデラクルスと対面することができた。

自分はデラクルスの子孫だと伝え、ミゲルは彼から温かい歓迎を受けた。

デラクルスに事情を話してミゲルが許しを与えてもらおうとした瞬間、

そこにヘクターが駆け付けた。

ヘクターは、デラクルスの有名な曲のほとんどを作ったのは自分で、

その栄光を独り占めするために彼の手で毒殺されたと主張。

ヘクターは、かつてデラクルスとデュエットを組んでいた。

音楽をやめて、家族の元へ帰ろうとしたヘクターと

それを止めるデラクルスのやり取りが、

彼の主演映画のシーンと酷似しており、

その後にその人物が毒殺しようとする展開まで一緒であることにミゲルは気が付く。

観念したデラクルスは、この事実が世間に公表されてはまずいと考え、

ヘクターの生前の写真を奪い、ミゲルとヘクターを監禁するように命じた。

地下の洞窟に落とされたミゲルとヘクター。

そこでヘクターは生者の国にどうしても戻りたい理由を語り始めた。

デラクルスの代表曲「リメンバー・ミー」は残してきた娘ココのために作った曲で、

どうしても、もう一度ココに会いたいとヘクターは嘆いた。

ひいおばあちゃんの名前がココであることから、

ミゲルはヘクターこそが本当のひいひいおじいちゃんであることに気がついた。

ミゲルは人殺しのデラクルスではなくヘクターが自分の祖先であったことに喜ぶが、

そのヘクターの身体は消えかかっていた。

そこにペピータに乗ったイメルダが現れ、地下の洞窟から二人は助け出された。

夫のヘクターが一緒にいることに驚くイメルダ。

みんなで彼のためにデラクルスから写真を取り返す作戦を計画。

ライブ会場に侵入したミゲルたちはデラクルスから写真を取り戻すことに成功。

イメルダは、ミゲルに生者の国へ戻る許しを与えた。

しかし、デラクルスが邪魔しにきた。

デラクルスはミゲルを、写真と共に建物から放り投げて証拠を隠滅しようとした。

しかし、その一部始終はカメラによって

ライブ会場のスクリーンに映し出されており、

それを見た観客はデラクルスの本性を知った。

落下するミゲルをペピータが救出するが、

掴み損ねたヘクターの写真は下に落ちていった。

そして、戻ってきたペピータはデラクルスを遠くに放り投げた。

彼は実際に亡くなった時と同じく巨大な鐘の下敷きになった。

日の出が迫る中、ミゲルの身体は、もうすぐ骸骨に、

そしてココの記憶が薄れ、ヘクターの身体は、今にも消滅しそうになっていた。

ヘクター「あの子(ココ)に愛していると、伝えてくれ!」

**

イメルダらの許しで、生者の国に戻ったミゲルは、

デラクルスではなくて、

実際はヘクターのギターを持ってココの元に急いだ。

ミゲルは車椅子に座るココに、必死で話しかけるが、

老衰とボケで反応はない。

ギターで「リメンバー・ミー」を歌い始めた。

すると、ココはその歌に反応し始め、遂には一緒に歌を歌い出した。

歌い終わると、ココが「パパがよく歌ってくれた」と言った。

ココは、父ヘクターの顔が破り取られていた部分を手帳から取り出し、

父との思い出を語り出した。

一年後の死者の日。

生者の国でもデラクルスの過ちは広まり、

逆にヘクターの功績が讃えられるようになっていた。

ミゲルは生まれたばかりの妹に祭壇の写真を見せ、

祖先たちのことを教えて聞かせた。

その中にはココの写真も飾られていた。

ヘクターの写真もあり、それで蘇るヘクター。

ヘクターもイメルダとココの3人で橋を渡って生者の国にやってこられるようになっていた。

そして、ミゲルのギターの音色に合わせて、

死者も生者も一緒に家族みんなで楽しそうに踊り続けていた。

THE END
.
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line