FC2ブログ

ネリー 世界と寝た女~概要ですが最後までネタバレ編


娼婦イザベルは自分の体験談を作品にし、

ネリー・アルカンという名でフランス文学界でデビュー。

若く美しくスタイルのよいネリーは注目を浴びる。

名声がプレッシャーになったネリーは、

初作は売れたが、次作から売れない。

次第に追い詰められ、36歳の若さで自殺した。


新作を書いても売り上げがはかばかしくないことに、落胆。

自分の人気に陰りがあると気づいたネリーは、

教会で懺悔。

「恥ずかしい人生だった。

書けば救われると思っていたのに、

結局、自分が削られただけ。

イザベルを守るためにネリー(という作家)になったのに、
逆だった。
愛が、私を殺す。
成功と栄光も私を殺す。
今度は別の生き方をしたい。

うまくいくように願いながら」

〝2009年9月24日
イザベル・フォルティエは
36歳で生涯を終えた
小説は生前に3作
死後に1作 出版された
イザベルの家族や友人
彼女を愛した
すべての人々に感謝を〟

THE END
.
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line