FC2ブログ

007 サンダーボール作戦(1965)A~最大のヒット作<

007 サンダーボール作戦(1965)A

★数行で映画紹介しなければ

核爆弾を積んだNATO爆撃機がスペクターに。

そして1億ポンドの金塊を要求してきた。

★ショウトしょうとSHORT

この作品が第1作になるはずだった。

つまり本作が代表作だろう。

制作費の問題や小説の著作権訴訟問題の関係で『ドクター・ノオ』が第1作になった。

海中の戦いアクションは最高です。


完全あらすじ


★仕入れた情報

世界興行収入は1965年の映画で『サウンド・オブ・ミュージック』に次ぐ第2位を記録

シリーズ第4弾はイアン・フレミングの原作小説では8作目だが、すごいドタバタ劇があった。

 『ドクター・ノオ』の回で書いたが、実はこれが映画化第1作になるはずだった。
フレミングが途中から自分たちで製作しようと欲を出した。
友人2人や映画作家のケヴィン・マクローリーを巻き込み、脚本まで仕上げたが、
何とフレミングがあろうことか勝手に小説化して出版してしまったのだ。
映画化権を売るという暴挙まで。

 当然、マクローリーらが訴訟を起こした。
結局、映画化権を買ったワーナー・ブラザースは手を引き、
ユナイテッド・アーティスツとマクローリーの合作で合意に至ったという経緯がある。
製作費の問題などから、第1作は『ドクター・ノオ』に落ち着いた。

製作サイドは第1作の撮影当時からある心配があった。
コネリーの頭髪が急速に後退してきたことだ
(原作のボンドはオールバックという設定)。
この作品からコネリーはウィッグをつけている。
七三分けで以後はこの髪形になる。

 ボンドが海中でサメに出くわすシーンがある。
もちろんガラスで仕切られており、危険はないのだが、サメが突然出現して、
さすがのコネリーも驚いて、大慌てでプールから飛び出したという。
まあ、ボンドでなくても逃げ出すだろうが。

========

★基本情報
原題
007 Thunderball

監督 テレンス・ヤング
脚本
リチャード・メイボーム
ジョン・ホプキンス
原作 イアン・フレミング
製作 ケビン・マクローリー
出演者
ショーン・コネリー
クローディーヌ・オージェ
アドルフォ・チェリ
音楽 ジョン・バリー
撮影 テッド・ムーア
編集 ピーター・ハント
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開
アメリカ合衆国 1965年12月21日
イギリス 1965年12月29日
日本の旗 1965年12月11日
上映時間 130分
製作国
イギリス アメリカ合衆国
=====

筆者の公式サイト

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line