FC2ブログ

ハイジ(2005)A~両親をなくし、祖父しかいないハイジの少女時代

ハイジ(2005)A

★数行で映画紹介しなければ

「アルプスの少女ハイジ」の実写版

両親をなくし、祖父しかいない天涯孤独なハイジの少女時代

★ショウトしょうとSHORT

いいですね、大好きです。

クララは日光に当たっていないと起こる、歩けなくなる病気。


完全あらすじ


★仕入れた情報
「クララは、ビタミンD欠乏性くる病だった」と言われています。

当時のヨーロッパは産業革命の真っただ中、大都市の空は、工場から出る噴煙で太陽光が遮られ
昼間でも薄暗かったと言われます。
ドイツ産業の中心地フランクフルトもその様な状態で、太陽光によるビタミンDの活性化ができないため、
ビタミンD欠乏性クル病が多発したとの記録があります

クララは、くる病だった可能性が高いと考えられます。
脚の骨形成不全、筋力低下により立てなくなり、歩こうとして転んだことがトラウマとなり、
立つ事を止めれば骨に加重が掛からなくなり、益々、骨はもろくなり、筋肉も廃用萎縮します。

アルプスへ移住したクララは、直射日光をふんだんに浴び、
ビタミンDとカルシウムたっぷりのヤギの乳やチーズなどの乳製品をたらふく食べ、

でも、それだけでは立てるようになりません。

羊飼いのペーターが、車椅子を崖の底に突き落とし破壊してくれた
おかげで、いやでも歩行訓練のリハビリをせざる得なくなります。

例え、直射日光を浴び、ビタミンDとカルシウムを多量に摂取しても、
骨に加重が掛からなければ、正常な骨形成・骨修復はできません。
それこそ、死ぬ気でやっても、既に変形してしまった脚は完全に元には戻りません。
両脇に手すりのある病院のリハビリ室ではありません。
おじいさんの山小屋は、平地など無いアルプス山中にあり、岩がゴロゴロする危険な環境、
一歩間違えば谷底に転がり落ちて車椅子と同じ運命ですが、
短期間で骨密度、萎縮した筋肉を回復させるには絶好のリハビリ環境です
と言っても、生易しいリハビリでは到底無理です。
========

★基本情報
原題
Heidi
監督 ポール・マーカス
脚本 ブライアン・フィンチ
原作 ヨハンナ・スピリ
製作
クリストファー・フィッグ
マーティン・オーティ
製作総指揮
H・マイケル・ホイザー
マイケル・ヘンリー
ジェームズ・アサートン
出演者 エマ・ボルジャー
マックス・フォン・シドー
音楽 ジョスリン・プーク
主題歌 Rie fu(日本語吹替版のみ)
撮影 ピーター・シンクレア
編集 デイヴィッド・リース
製作会社 Piccadilly Pictures
Surefire Films
Storm Entertainment
Suitable Viewing
Lux Vide
配給 イギリス Storm Entertainment
日本 ギャガ
公開
イギリス 2005年8月19日
日本 2006年7月15日
上映時間 104分
=====

筆者の公式サイト

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line