FC2ブログ

嘘八百~概要ですが最後までネタバレ編

古美術商を営む中井貴一は、

娘の葵と仕事をしていた。

今日の仕事は絹田家の大きな蔵に眠る、骨董品の品定めと買い取り。

絹田だと名乗る男に案内され蔵の中を調べ、

一つの茶碗を買い取った。

茶碗を古美術店に持ち込むと、

5000円と言われてしまう。

店主の樋渡と鑑定士の棚橋に、

散々叩かれて引き下がる。

再び絹田の家を訪れ千利休の手紙を見つけると、

蔵の中をもう一度探した。

すると千利休の茶碗が見つかった。

絹田と名乗る男に適当に嘘をつき、

蔵の中の物全部を100万で買い取ることにした。

そのかわりに、受け取りは翌日になった。


その頃、娘の葵は、ミニチュアアートを熱心に作る佐々木蔵之介の息子に魅かれ、

家に帰らないといって居つく。

中井貴一は指定の時間に絹田宅を訪れ、骨董品を引き取った。

自宅で調べると、千利休の品が抜き取られていた。

慌てて絹田宅に行くと、老人がいた。

その老人は絹田と名のり、

あの男(佐々木蔵之介)は、時給900円で自宅の番をしてもらっていたと絹田が言った。

その頃、佐々木蔵之介は居酒屋『土竜』で100万円の金を仲間に分けていた。

佐々木蔵之介の仲間は皆が贋作の名手で、

中井貴一はまんまと騙されたのだった。

千利休の品も贋作だった。

中井貴一が佐々木蔵之介を見つける。

佐々木蔵之介は自宅に逃げるので、追いかけて、自宅に入る。

そこには佐々木蔵之介の妻(康子)と

息子の誠治、そして葵が、すき焼きを食べていた。

誠治とすっかり仲良くなった葵は帰らないと言い張った。

贋作を購入したのは、詐欺ではないので、泣き寝入り。

翌朝、佐々木蔵之介が、「妻が出て行った」とやって来た。

同じ境遇の中井貴一は佐々木蔵之介の話を聞いた。

佐々木蔵之介は陶芸家で、若い頃、鑑定家・棚橋の主催する品評会で賞をもらっていた。

そして佐々木蔵之介の作品を樋渡に買い取ってもらっていたが、

樋渡は店で贋作と知りながら本物として買い取り価格の何十倍もの価格で販売していた。

これを見た佐々木蔵之介は陶芸の道から遠ざかったのだった。

**

話を聞いた中井貴一も、かつて樋渡に痛い目にあっていた。

千利休の本物以上の贋作を作って樋渡らを騙そうという事になり、

贋作つくりが始まった。

佐々木蔵之介は土にこだわり、中井貴一も手伝った。

一方手紙は土竜の店主が筆で書いた。

やがて贋作が完成すると、

中井貴一が絹田を巻き込み、千利休の遺作が見つかったとオークション会場で、

参加者に耳打ちした。

絹田の家で千利休の遺作の、お披露目となった。

素晴らしい出来に鑑定家・棚橋は見入った。

そこには千利休展示場の支配人の田中に連れられ文化庁の部長も来ていた。

日本を代表する文化財は国が購入すると宣言。

やがてオークションが開かれた。

値段を釣り上げるために佐々木蔵之介の妻の康子も参加。

やがて8000万円になった時、鑑定家・棚橋が突然『これは贋作だ』と言い出し、

オークションはお開きになった。


終わったとあきらめていた時、棚橋と樋渡が帰って来て、

さっきのは他のメンバーを騙すための嘘だと言って1億円で買うというと、

詐欺仲間の絹田は消費税を800万円つけろと言い、話が成立。

800万円は絹田が取り、1億円を中井貴一と佐々木蔵之介で分けることに。



葵が誠治との結婚式を行う。

式も終わり、新婚旅行に出発の日、

現金の入ったバッグを葵と誠治がそれぞれ持ち出した。

慌てた中井貴一と佐々木蔵之介が空港に追いかけると、

金を持って二人は飛び立ったのだった。

1億円は二人の子供の祝いに

やってしまった形になった中井貴一と佐々木蔵之介は、

また贋作を作って金儲けをしようと話すのだった。

**

エンドロールが全部終わった後

1億円の入ったボストンバッグを誠治から受け取った葵は

税関に拘束されてしまう。

(100万円以上の日本円を持ち出す際は、税関で事前申告が必要)

THE END
.
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line