FC2ブログ

新・仁義なき戦い。~概要ですが最後までネタバレ編

日本有数の大組織・三代目左橋組々長の死

一方、組長の座を継ぐものと思われていた左橋組若頭・溝口武雄が跡目を辞退。

左橋組の最大勢力である岸部組の組長・岸部一徳を四代目に担ぎ出そうと画策。

左橋組からの独立を目論む岸部一徳は、金を30億集めろと、

のらりくらりと態度を曖昧にする。

佐藤組の組長・佐藤浩市は兄弟分である左橋組幹部・斎木保と

反岸部一徳派の立場を取る幹部連中を取りこみ、

四代目左橋組々長の座を狙って着々と根回しを進める。



岸部組の若衆である豊川悦司は

岸部一徳を四代目の座に就かせるため資金集めに奔走するが、

兄弟分である松田安蔵に紹介された産廃絡みのシノギをめぐり、

佐藤浩市の兄弟分にあたる京都・小木戸会とトラブルを起こしてしまう。



左橋組幹部・斎木は佐藤浩市が四代目を継ぐことを見越して、

朝鮮半島進出に向けて布袋寅泰を抱きこもうと脅迫する。

布袋寅泰は、豊川悦司とは、幼なじみで、

闇金を半島へ送っていたのだ。



佐藤組の根回しがあまりに周到であるため

焦った岸部派の幹部らは岸部一徳に行動を促すが、

岸部一徳が左橋組から独立する計画を告白すると

岸部徳派の幹部連中は寝返り、

佐藤浩市の四代目襲名が確かなものとなる。

**

次期組長の座に就いた佐藤浩市は岸部一徳の殺害を計画するが、

佐藤浩市の企みを察知した岸部一徳は豊川悦司を名目上破門に処し、佐藤浩市を襲撃させる。

豊川悦司はホテルのロビーで佐藤浩市を襲撃するタイミングを伺っていたが、

布袋寅泰が佐藤浩市の許を訪れて、

三億円で、半島密輸の口止めを行う。

待ちきれない短気な豊川悦司組の若衆・山下鉄雄が

佐藤浩市を発砲。

布袋寅泰の配下の在日コリアン・韓秀国が体を張って

山下を抑えたため襲撃は失敗に終わり、

韓と山下は、佐藤組の銃弾を浴びて、死ぬ。

佐藤浩市の殺害に失敗した岸部一徳は引退、岸部組は解散を迫られ、

豊川悦司は指名手配の身となる。

岸部一徳が引退したことで左橋組に居場所を失くした豊川悦司は

布袋寅泰が経営する高級クラブに乗りこみ、

そのクラブで、斎木ら左橋組幹部と祝杯をあげる佐藤浩市に銃弾を浴びせる。

豊川悦司は、佐藤浩市に重傷を負わせるがクラブを脱出しようとする。

布袋寅泰は、ここで息の目をとめるのが最善と、

佐藤浩市のとどめをさす。

しかし佐藤組の若衆に撃たれて、布袋寅泰は命を落とす。



佐藤浩市は、まもなく死亡。

斎木ら左橋組幹部は岸部一徳の引退を取り消し、

組長の襲名を要請する。

要請を受けた岸部一徳は豊川悦司の破門を解くが、

豊川悦司は岸部一徳の命令を無視し、団地に暮らす母の許に帰る。

THE END
.
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line