FC2ブログ

ひとひらの雪~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

津川雅彦は原宿に事務所を持つ建築家。

扶佐子という妻と一人娘まり子がいるが、4年半も別居中。

原因は、津川雅彦が、秘書・相沢笙子と不倫関係になってしまったからだ。

*
知人のパーティで秋吉久美子と10年ぶりに再会し驚く。

10年前、美大生だった秋吉久美子は講師にきていた津川雅彦に憧れ、

一夜をともにして、

処女だった秋吉久美子は妊娠し堕胎していた。

それがもとで自殺未遂もしていた。



すっかり熟れた女性になった秋吉久美子を

どうしても手に入れたいと思った。

「会いたい」と電話をする津川雅彦。

誘われるままに津川雅彦のマンションを訪れた秋吉久美子は再びベッドをともにする。

それから狂ったように、肉体関係は続く。

それまで秋吉久美子は乱れ、狂おしく燃え上がることはなかった。

「あなたしか受け入れられない躰になった」と秋吉久美子は言った。

秋吉久美子は夫との性交を拒否しているらしい。

津川雅彦は秋吉久美子の肉体を求め続ける。



やっと扶佐子が離婚を承諾した。

不倫相手の秘書は、去っていく。

津川雅彦の本命は秘書で。

秋吉久美子はセックスの相手なのだ。

散々玄関で悪態をつく津川雅彦に

「いまだったら まだ好き。好きなまま別れさせて」と泣いて懇願した。

秘書を慕う男と浮気して、二人で暮らすことにしたのだ。


昇天の度合いを極めようとするように、

その躰は火柱になってのぼっていく秋吉久美子。

秋吉久美子は、画廊を営む年の離れた夫・章太郎と義理の娘カオリとともに、

鎌倉の邸宅に住んでいた。

カオリは秋吉久美子の不倫を見抜き、

津川雅彦との浮気旅行のアリバイに協力していた。



寂しさのあまり再び秋吉久美子をもとめる津川雅彦だが、

カオリが浮気をばらしてしまい、二人の関係は終わった。

秋吉久美子があまりに真剣になるのをみて不安になったのだ。



同時に二人の女性を失った津川雅彦は孤独だった。

そんな津川雅彦の前に、カオリが現れる。

寝室に入り、裸になって「抱いて」と迫るが、

津川雅彦にはその欲望はおきない。

一人になった津川雅彦はコタツに入り、

「君が好きだ。ずっといここにいてほしい」と呪文のようにつぶやくのだった。

雪がひとひら、ひとひらと落ちていくように、熱い情事の終わりを迎える。

秋吉久美子の中の内なる自然が開花し、

そしてひとひらの雪のように静かに消えていった。

THE END
.
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line