FC2ブログ

パルムの僧院~フランスの色男の波乱万丈

『赤と黒』と並ぶスタンダールの代表作の小説

パルムの僧院(1948)C


★数行で映画紹介しようよ

叔母で「魔性の女」と言われる公爵夫人ジーナ(未亡人)

彼女を射止めようと総理大臣、国王が策略をめぐらす。

色男の甥ファブリスを熱愛していることを知ると、彼を刑務所に入れてしまう。




★ショウトしょうとSHORT

タイトルから想像のつかない色男の恋愛もの

フランス男優で日本最初の絶大なる人気だった
ジェラール・フィリップの絶頂時の可愛い男ぶり、スゴイ。
20080520144544.jpg


ルネ・フォールにうっとり、好みの顔です。
Renée Faure



名セリフ

「愛することは罪なの?」

「愛さないことこそ罪だ」


仕入れた情報によると

フランス最大の小説だそうで

フランスの文豪バルザックやジッドが「最も偉大なるフランス小説」と評した。
レフ・トルストイも、かなりの影響を受けたと述べている。


ネタバレ編


========

★基本情報

原題 LA CHATREUSE DE PARME

監督 クリスチャン=ジャック

原作 スタンダール

脚本
ピエール・ヴェリ 、ピエール・ジャリ 、クリスチャン=ジャック

出演者
ジェラール・フィリップ
マリア・カザレス
ルイ・サルー
アルド・シルヴァーニ
ルネ・フォール
 

上映時間 174分

製作国 フランス

============

ハで、はじまる恋愛映画(洋画編)



恋愛映画めざせ2000本~タイトル、アイウ順索引



by 村上サガン



スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line