FC2ブログ

リチャード・ウィドマーク

リチャード・ウィドマーク

リチャード・ウィドマーク

(Richard Widmark、1914年12月26日 - 2008年3月24日)は、

アメリカ合衆国の映画俳優。

1947年
『死の接吻』のオーディションに合格。

殺し屋トミー・ユードー役で、
いきなりアカデミー助演男優賞候補にノミネート


灰色の目としゃがれた声、冷やかな笑顔をトレードマークに、
ギャング映画での非情な殺し屋、
戦争映画での冷徹な指揮官役などで
持ち味を発揮。

ハンフリーボガードのように、最初は悪役で注目される。

だんだんに主役

西部劇も得意

『ゴーストタウンの決斗』、『ワーロック』、『アラモ』、『シャイアン』


1961年
『ニュールンベルグ裁判』でアメリカ側検事役を演じ、
自他ともに認める代表作となった。

1968年
主演『刑事マディガン』が、大ヒット。



ニックネームは、風貌から“ハイエナ”と呼ばれていた。
手塚治虫の作品に登場する
冷酷な悪役キャラクター、スカンク草井は
ウィドマークをモデルにしている。
スカンク草井



印象ある出演映画

ノックは無用(1952)F

ゴーストタウンの決斗 (1958)C

ワーロック (1959)C

アラモ(1960)D

ニュールンベルグ裁判(1961)A~後世に残すべき傑作


西部開拓史(1962)C

大西部への道(1967)

ガンファイターの最後(1969)C

オリエント急行殺人事件(1974)A~ミステリー女王アガサ・クリスティの代表作


以上
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line