FC2ブログ

水の声を聞く~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

朝鮮人ミンジョンは

日本で、真教「神の水」の巫女を務めていた。

マンションの一室で集まった人々の悩みを聞き、

水の入った水槽に向かい祈りを唱え、神の声を告げた。

人気があったが、ただのアルバイトだった。



父は

借金取りの高沢に追われていた。

父は借金のカタとして殺しを迫られが

しくじってしまい、

教団の事務所に寝泊まりするようになった。

高沢らは、父の行方を探していた。



真教「神の水」は人気が出て、信者が増えて行った。

ミンジョンは大きくなった教団で、

悩みを聞き韓国済州島の神に捧げる踊りを踊る毎日を過ごしていた。

多くの悩みを聞くうちに

ミンジョンは偽りの巫女の姿に精神的に疲れ

「宗教的な知識もない。このままやっていく自信がない」

と教団に顔をださなくなり、

ミンジョンの代わりに信者の一人である紗枝を新しい教祖として祭り上げた。



ミンジョンは済州島の親戚を訪ね、

済州島での悲しい歴史を知る。

祖母は実際に優秀な巫女だった。

結局、済州島の人は大阪に逃げるしかなかった。


教団に帰ってきたミンジョンは

自分の言葉で信者と向き合い「祈りの力」で教団を次のステージへと導こうとした。

ミンジョンが教団をまとめ上げていく中、

新しい教祖となっていた紗枝が、反感を持ち、

父の住処を高沢に密告する。



ミンジョンと父は高沢達に拉致されて

高沢はミンジョンをレイプ。

父は水死体に。



紗枝を教祖に、再度仕切り直すが、

その様子を高沢が獲物を狙うように見つめていた。



傷ついたミンジョンは一人、

祖母の墓参りに済州島に行く。

祖母の墓前でミンジョンが祈ると、

それが通じたように、

かつての教団があったマンションの一室に

飾られた水槽の中に浮かぶ一枚の葉に炎が灯るのだった。

THE END
.
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line