FC2ブログ

ラストレシピ~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

料理人・二宮和也は
妥協を許せず、自分の店をつぶした。

それからは味の再現で、報酬を得ていた。

二宮和也は
一度食べた味を再現できる能力を持っていた。

例えば
閉店した島津亭のオムライスを
再現させて、100万の報酬をもらう。



口コミで有名になった二宮和也に、ビッグな依頼が来る。

頭金300万 成功報酬5千万

日本軍が作った大日本帝国食菜全席という幻のレシピを探して、
それを再現してほしい。

大日本帝国食菜全席は、日本が満州国を治めていた1930年代に、
満漢全席を上回るメニューを作らせるために、
麒麟の舌を持つとされた天才料理人・西島秀俊に命じた。

==

依頼者から探すヒントとして、西島秀俊の助手に会うように言われる。

(料理人なのに、探偵の仕事だけど、お金が欲しいのだろう)

助手を探したが、幻のレシピは見つからない。

その助手は、ロシア人のダビッド・グーテンバーグが知っていると言う。

二宮和也はハルピンに行き、ダビットに会う。

ダビットの父は当時、ハルピンでレストランを経営。

西島秀俊はダビットの父と親しくなり、あのレシピを渡していたのだ。

レシピは、正副あって、副の方を渡した。

理由が、ちょっと?の話

天皇が満州にこられるときに、

料理に毒を盛ってもらいたいという。

毒を盛っても、天皇陛下が死ぬわけではなく。

天皇が口をつける前に毒見役がいるため、死ぬのは毒見役。

大切なのは「陛下が暗殺されかかった」という事実。

日本軍は暗殺の犯人として中国人の助手のせいにして。

中国側が天皇暗殺を図ったという筋書きを作りたいのだった。

(? 絶対に料理に自信のある西島秀俊に、

そんな策略を披露する?

だまってやるだろう?)



それで西島秀俊は、正のレシピを燃やしてしまう。

ダビットの父にレシピが渡って、

そのレシピは中国人に渡したという。



西島秀俊には娘・幸が生れていた。


レシピは、ダビットの父から
西島秀俊の助手だった中国人に渡った。

その中国人が今回の依頼者だった。



話の説明のための無意味な調査

ここからが本題

二宮和也は再び、依頼者に会いにゆく

依頼者は、死んだ西島秀俊の娘・幸に会いにゆき、

レシピを渡す。

娘・幸は料理人と結婚したが、夫は夭折しており、

当時3歳の息子とアパートで暮らしていた。

父親のレシピを見て喜んだ幸は、

父親代わりに育ててくれた人物をアパートに電話で呼び出した。

それは、父が死ぬ間際に娘を託した料理長、鈴木でした。

鈴木は父の言葉を守り、自分の娘のように育てていた。

そのレシピを元にして、幸は飲食店を始めようとするが、

開店直前に隣の店が火事を起こし、幸の店も燃えてしまう。

火事の時に燃えそうになった父のレシピを取りに、

火中へ入り、

レシピは無事だが、幸は亡くなる。

その話を聞いて、思い出す二宮和也。

死んだ母の話なのだ。

そして西島秀俊は、二宮和也の祖父だった。



残された幸のひとり息子(二宮和也)は

鈴木料理長の息子・鈴木太一が経営する施設で育った。

鈴木太一のDVに近い対応に、反抗して、

太一が死んでも、葬儀にさえこなかった。

つまり二宮和也は、良い意味ではめられていた。


二宮和也の周囲の関係者が企んだ。

レシピは太一の手にあり、

死によって、レシピを渡し損ねていた。

レシピを渡すことは可能だが、

借金を抱えて自分の道を貫こうと意固地になっている二宮和也に、

ただレシピを渡すだけでは、思いまでは伝わりません。

そこで依頼という形を取り、レシピを探させた。


レシピを手にした二宮和也に、

親友の健が「最後のページ、見てみろよ」と言う。

母・幸がレシピを付け足していた。

ビフカツサンドが加わっていた。

健「大切なものは、すぐ近くにあったんだな」


二宮和也は、その後レシピに手を加えていく。

(エンドロール)

〝大日本帝国食菜全席〟の紹介

西島秀俊バージョン、

さらに二宮和也がアレンジしたバージョン。

原作者が世界的に有名な料理研究家だから

リアルです。

大日本帝国食菜全席は実在しませんが。

THE END
.

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line