FC2ブログ

海よりもまだ深く~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

小説家の阿部寛は

過去に文学賞を獲得したものの、

以来筆も進まず、

現在は興信所で働いている。

探偵はあくまで取材だと言い訳し、

ギャンブル好きでお金にだらしなく、

生活できずに

妻が働きに行く始末で、とうとう離婚。



息子にいい顔したい阿部寛は

息子の野球道具費用の捻出に動き回る。

団地に住む母・樹木希林の所へ行き、

死んだ父のもので、金目のあるものを物色したりする。

*

阿部寛は同僚とグルになって、依頼者の金を横領している。

探偵依頼は、浮気調査が主。



元妻に恋人がいることを知った阿部寛は、尾行すると、

恋人が息子にグローブを買い与えていて、ショックを受ける。


*

出版社から漫画の原作を打診された阿部寛は、

プライドが邪魔し断る。 

まるで融通の利かない、

妻への養育費を延滞しているのに。

阿部寛の横領がばれて、探偵会社の上司に回収される。

*

息子との月一の面会の日が来て、

阿部寛は彼にスパイクを買い、二人の絆にと宝くじも購入。

しかし養育費が用意できない。

元妻が息子を迎えに樹木希林の団地に。

台風も近づき、樹木希林の希望もあって

急遽三人は一つ屋根の下に泊ることに。

皆が寝静まった頃

阿部寛は養育費捻出のために

家の中を漁り、父の硯を見つける。

目が覚めた樹木希林が来て、

「幸せは、何かを諦めないと手に出来ない」と阿部寛に呟きました。

ラジオからテレサ・テンの『別れの予感』が流れ、

「海よりも深く人を好きになったことなんてない。

ないから生きていける」とも話しました。

嵐が深まる中、阿部寛はトイレに起きた息子を連れ公園へ。

阿部寛も台風の日に父と同じように過ごしたことがあった。

その間、妻に樹木希林は、阿部寛との修復を打診したが無理だった。

それでも今後も会おうと元妻が言うと、

樹木希林はへその緒を彼女に託しました。

すべり台の中で

息子がなりたいものは公務員と話すと、

阿部寛

「大切なのはなれたかどうかより、

気持ちを持つことだ」



迎えに来た元妻に、阿部寛

「こんなはずじゃなかった」

「本当に。でも。

 もう(再婚)決めたんだから。 前に進ませてよ」

「わかった」


養育費にするため、

翌朝阿部寛は質屋に硯を持って行くと、

店主に硯の墨でサインを頼まれる。

店主が持っていた自分の小説は

父が近所に配っていたものだと知り、

阿部寛は硯に高値が付いても手放すができなかった。

次こそは養育費を準備する約束をして、

阿部寛は二人の背中を見送ると、

街の雑踏の中に消えていった。

THE END
.

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line